ディズニー全般

2011年2月 7日 (月)

プラレール「ディズニーシー エレクトリックレールウェイ」

プラレール「ディズニーシー エレクトリックレールウェイ」

帰りにボンヴォヤージュに寄ったのですが、そこで展示されていたものを見てどうしても欲しくなり、30分近くショーケース前で悩んだ結果、無くなる前にという事で買ってしまいました(^^;;


プラレール「ディズニーシー エレクトリックレールウェイ」
定価6800円です。

部屋を頑張って片付けたとしても置けるスペースが無いかも知れないのに(苦笑)

近いうちに箱を開けてみて、簡単な紹介ができたらいいなぁーと考えてます(^-^)

プラレール「ディズニーシー エレクトリックレールウェイ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

ねんどろいど ドロッセル

通販で注文していた、ねんどろいどドロッセルが届きましたnote
Img_5908

figmaのドロッセルは相方が持っているので、自分はこちらを購入したのですが、こちらもなかなか可愛いですねshine

2頭身ボディのお嬢様ですが、中身はこんな感じ。
Img_5912
おしゃれユニット もとい変形可能な飛行ユニットも付属flair

でも、このねんどろいどの特徴は、なんといっても発光ギミックsign01

まずは、後頭部のパーツをはずし、ボタン電池の絶縁シートを取り外します。
Img_5911
なんだか手術中みたい…

はずした後頭部のパーツ。
Img_5909
結構しっかりとハマっていたので、上手くいかないと折れそうな部分でしたsweat01

そして、後頭部のスイッチをいれて、いざ発光sign03

Img_5915

あの立ちポーズは、やはり腰の角度が難しく、あまり上手くいきませんでした…。
Img_5914

時間がなかったので、今回は飛行ユニットは装着しませんでしたが、次回は色々と遊んでみたいと思います~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

ミニー&カドリーベア

今日、もう1つの趣味であるプラモデル関連のイベントの為に上野のおもちゃ屋である『ヤマシロヤ』さんに立ち寄ったのですが、そこでつい衝動買いしてしまいました。

カドリーベア のぬいぐるみです。
Img_5903

僕が買ったのは、

写真左側の通常色
『ミニー&カドリーベア(M) ¥3360

それに着せている
ディズニー ミニー&カドリーベア お着替えドレス ウィンターニット ¥2625
(帽子はデフォルトの方が可愛かった為につけていません)

下に写っている、携帯電話につけている
『ミニー&カドリーベア ストラップ 
¥819

写ってはいませんが、ストラップよりは一回り大きいマスコットぬいぐるみ
『ミニー&カドリーベア ボールチェーン付 ¥997

です。

カドリーベアは、タカラトミーが販売している「ミニーちゃんが心を込めて作った、自分自身の分身のようなぬいぐるみ」という設定のキャラクターです。

ダッフィーと違って、パークでの公式設定はありませんが、ダッフィーとはまた違う可愛さがありますよねhappy01

ダッフィーと、その着せ替え用のコスチュームは既に持っていますが、最近はパーク内でも持っているゲストを見かけることが多くなり、ケープコッドの、落ち着いたのどかな雰囲気が好きだったのですが、ダッフィー人気過熱によるあまりの惨状に非常にがっかりし、ずっと『可愛いな~』と気になっていたので、今回ついに衝動買いしてしまいましたheart01

着せ替え用のコスチュームは、Mサイズのぬいぐるみに対応していて、これ以外にもたくさんのコスチュームが販売されているので、僕はダッフィーからカドリーに浮気を検討中ですcoldsweats01

1枚目の写真右側のピンク色のカドリーベアは、一緒に買った相方の

『ミニー&カドリーベア(スイートハートM) ¥3360
です。

個人的にはこちらも可愛いと思いますがどうでしょうか?

ちなみに、カドリーベアは、東京ディズニーリゾートやディズニーストアでは売っていないので、品揃えが良いお店を探そうとすると、なかなか大変かも知れません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

ディズニー★JCBカード

やっと届きましたsign01
Image062

『ディズニー★JCBカード』sign03

『クレジットカードを増やすのはちょっと…』と思っていましたが、色々なサイトにメンバー限定のキャラクターグリーティングの話が載っていて、やっぱり気になったのでなるべく使わない事を心に決めて申し込んじゃいました。せっかくディズニー•モバイルを使っているので、支払いをこちらに移して2年目以降の年会費を無料にする予定ですflair

でも、なんで「★」が入るんだろう…
会員規約にも書いてある正式名称のようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

メアリー・ブレア展

少し前の話になりますが、7月26日に、東京都現代美術館で開催されている『メアリー・ブレア展』に行ってきました。
Image2591

東京メトロ東西線に乗り、木場駅下車。炎天下の中、1.2km歩いただけでヘトヘトになりながら、なんとかお昼に美術館に到着。

『ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人。』や『スタジオジブリ・レイアウト展』などを観てきたので、個人的にはお馴染みの美術館ですnote

メアリー・ブレアは、ディズニーのアニメーションにおいて「ナイン・オールドメン」ほど有名ではないし、表舞台には出てこないけれども、作品の色彩や世界観を構築する重要なお仕事をしていました。

独特でいて個性的な色彩感覚、あたたかく可愛らしい印象の絵は、ディズニーファンじゃなくても観ていて楽しめる作品だと思います。とはいうものの、僕も以前から良く知っていたわけではなく、以前は漠然と「あの画風が好き」という印象でした。ところが、同じくメアリー・ブレアが好きだった相方の影響や、ディズニーアニメに触れることが多くなった最近になり色々と調べてくると、その作品や生き方にどんどん惹かれていった、という感じです。

10月4日まで開催されていますので、機会があったら是非行ってみて下さいhappy01

作品を見る際にお勧めしたいのが『音声ガイド』です。1台500円と、ちょーっとだけ高いsweat01のですが、解説を聞きながらだとより深く、楽しく鑑賞できます。首からかけるようになっていて、付属するヘッドホンは1つですが、端子がもう1つあるため、お手持ちのイヤホンなどがあれば2人でも楽しめるかなーと思います。

やはり中心となるのは、有名な『不思議の国のアリス』や『ピーター・パン』『シンデレラ』などの、ディズニーアニメーションのコンセプト・アートやストーリー・スケッチですが、展覧会ではそれだけではなく、メアリーの「アーティスト」としての生涯の作品を順に観ることができます。

奨学金を得て美術学院に進学し、水彩画やイラストレーションを学び、後にアニメーションの世界へ。42歳で、子供との時間を持つためにディズニースタジオを退社したあとのフリーランスデザイナーとなってからの活躍。

人物画、風景画の水彩や油彩の作品、同じく美術家でありアニメーションにも携わった、夫である『リー・ブレア』の作品、リーの兄であり著名なアニメーターでもある『ブレンストン・ブレア』についても知ることが出来る内容になっています。

イッツ•ア•スモールワールドのコーナーでは、パークでもお馴染みのあの曲が流れ、頭上に設置されたたくさんのプロジェクターに映し出される作品の雰囲気も手伝って、なんだかファンタジーワールドに来た気分にhappy01

メアリーがアトラクションに関わった経緯を知ると、また違った視点で楽しめそうですnote

そして、数ある作品の中でも以下の2つの作品がお気に入りですshine
(もちろん撮影不可なので、ポストカードや画集の表紙を撮ったものになりますー)

Image055
1951年に公開された『不思議の国のアリス』 コンセプト・アート

Image054
1960年代 『ココア・ガール』

アリスの絵は、比較的有名な絵ですよね。入場チケットのイラストにもなっていますし、ポストカードも人気で売り切れていました。

ココア•ガールは、メアリーがフリーになり、様々な広告イラストを描いている時期の絵です。すごく幸せそうな表情が印象的ですよね。

そして、順路の最後には、子供も触って遊べるような撮影スペースがあります。
Img_4642

Img_4641

Img_4643

Img_4644

Img_4646

そして、もう1つの最大の目的…

それは『グッズ販売コーナー』sign01sign01sign01

買ったものは、
Image053

●上の写真の本を2冊
(左:画集 “The Art and Flair of Mary Blair” 洋書なので、解説も全て英語です…)

(右:メアリー•ブレア展 図録)

ポストカードを7枚

複製原画(上の『不思議の国のアリス』の絵柄、8月中旬の発送らしい)

以上です…。最後の複製原画の値段が、他のものよりも1ケタも2ケタも多いので、すごく悩みましたが『会場限定』という言葉の誘惑に負けてしまいました(笑)

18時閉館のギリギリまでいたので、美術館にいたのは約6時間sign01coldsweats02
それでも時間が足りないくらいでしたが、体力的にもだんだんときつくなってきていたので、今回はこの辺でbearing

展覧会には、少なくともあと1回は行くつもりなので、次回も閉館時間までゆっくり観たいと思いますー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

東京ディズニーランド ジオラマフィギュア

東京ディズニーリゾート25周年記念
『東京ディズニーランド ジオラマフィギュア』を紹介します。

2008年4月29日にローソン限定で発売が始まった、コカ•コーラオリジナルのフィギュアで、対象のペットボトルにおまけで付いていたもの。全12種です。

まずは

1.ワールドバザール(ミッキーマウス)
Img_4553
コスチュームは25周年のミッキーですが、顔だけ見るとアニメーション版の眉なしミッキーでしたcoldsweats02

2.シンデレラ城(ティンカー•ベル)
Img_4556
デフォルメされつつも、なかなか良い造形。

3.魅惑のチキルーム(リロ)
Img_4562
リロの顔、パークのキャラクターもそうですが、ちょっと怖い。

4.ジャングルクルーズ(シンバ)
Img_4555
シンバよりも、後ろにいるカバに目がいきます。

5.ビックサンダー•マウンテン(ウッディ)
Img_4552
赤い鉱山とそこにある機関車、線路がカッコいいんだけど、ウッディの存在感が大きすぎ。

6.蒸気船マークトウェイン号(ジェシー)
Img_4561
もうちょっと色分けを頑張って欲しかったマークトウェイン号。いつか時間があったら自分で塗り分けてみたいです。ジェシーの顔コワい。

7.スプラッシュ•マウンテン(ブレア•ラビット&ブレア•フォックス)
Img_4563
チカピンヒル(スプラッシュ•マウンテン)の雰囲気も、キャラクターの造形、塗りも細かいながらもなかなか。イバラの赤色が良いアクセントになってますね!

8.ホーンテッド•マンション(ヒューイ、デューイ、ルーイ)
Img_4560
建物の周りのキューエリアなんかも作り込んでくれるとよかったかも(ちょっと贅沢?)

9.イッツ•ア•スモールワールド(ホワイトラビット)
Img_4559
色彩がとっても可愛いです。アリスのティーパーティー付き。

10.トゥーンタウン(プルート)
Img_4554
来ましたトゥーンタウン!やっぱりスーパースターの「ミッキーの家」とその恋人「ミニーの家」です。が、プルートであんまり見えませんsweat01プルートは可愛いですよ?

11.グランドサーキット•レースウェイ(マックス)
Img_4558
下記のスペース•マウンテンは形が特徴的だし人気アトラクションなので分かるのですが、もう1つは…ということでグラサンでした。個人的には「スター•ツアーズ」か、ちょっとマニアックに「ショーベース」が良かったかも。

12.スペース•マウンテン(スティッチ)
Img_4557
う〜ん…。特にコメントが見つかりませんでした(笑)

12種を組み合わせるとこんな感じ。
Img_4583
各テーマランドごとに2つのアトラクションがフィギュアになってます。

が!

クリッターカントリーとトゥーンタウンは、それぞれ1つしか無い!(`Д´)

スペースの問題もあると思いますが、クリッターカントリーは「ビーバーブラザーズのカヌー探検」があるし、トゥーンには「ジョリートロリー」という看板アトラクションがあるじゃないか〜!と、こっそり思ったりしてます(笑)

以下アップ画像。

Img_4581
ティンクの顔が微妙すぎですが、それを除けば良い出来です♪

Img_4582
プルートにどいてもらいました。

全12種を組み合わせると、こんな感じになります。
Img_4583_3
直径約26cm。テーマランドの位置関係はほぼ合ってます。

当時から結構人気があったらしく、集めるのが大変だったという話もどこかで読んだ事が。

次回のフィギュアの記事は、第2弾のディズニーシーを予定していますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

メアリー・ブレア展開催記念スペシャル・プレ・イベント

7月18日から東京都現代美術館で開催されるメアリーブレア展。

そこで販売されるメアリーブレア展限定グッズや、その他のディズニーのクラシックアート商品を先行販売するイベントが、有楽町の阪急で開催されています。

有楽町阪急メアリー・ブレア展開催記念スペシャル・プレ・イベント
1

チケットはもう買ってあるのですが、どうしても物販が先に見たくて一足先に行ってきてしまいました。行ってみると、『スペシャル・プレ・イベント』とは銘打っているものの、小さいスペースでのグッズ販売のみでしたcoldsweats01

以前から欲しかったメアリーブレアの画集は売っていなかったので、自分の部屋で飾るためのポストカードマグカップを買いましたnote
Img_4539
もっと欲しかったのですが、今回は予算的にこの枚数で…

Img_4541
1952年の短編アニメーションの「小さな家」のマグカップです。
写真にうつっているような、とっても可愛い箱に入ってましたheart01

3  2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

ドリームス オブ 東京ディズニーリゾート25th アニバーサリーイヤー マジックコレクション

ドリームス オブ 東京ディズニーリゾート25th アニバーサリーイヤー マジックコレクション(Blu-ray版)
Img_4527
2009年4月3日発売

あまりにも長いタイトル(笑)ですが、先日ようやく手に入れたので紹介したいと思います。DVD版は2枚組ですが、このBlu-ray版は1枚組(?)。自分にとって25周年は、ゲストとしてもキャストとしても思い出深いものでしたので、思い切ってブルーレイ版(とプレーヤーも)を買ってしまいました。

amazonなんかを見てると、Bru-ray版は販売中止になったからか、中古商品もかなり値上がりしていますねー。「スターライトドリームスの映像に、激しい点滅のシーンがあるという注意書きとお断りを入れなかった」のが、販売中止の理由という噂ですが、本当のところはどうなのでしょうか…。

以前から欲しかったものですが、一番の目的は、HD画質で収録されているという「テーブル•イズ•ウェイティング」です。実際には2回しか見られなかったショーですが、一番大好きなショーのため、これを買うためにBru-rayプレーヤーを買ってしまいましたhappy02

まだ全部は見ていないのですが、SD画質とHD画質のものがあるので、見ていると差が明らかです。<ショーまるごと編>には、スターライトドリームスとテーブル•イズ•ウェイティングが、全シーン収録されていますが、安定して高画質な後者と比べて前者はちょっと微妙な気がします…。そっち方面の専門的な知識はないですが、これはマスターテープの問題なのか、編集の段階での問題なのかが気になるところ。ただ、これまで販売されてきたDVDに収録されていたパレード、ショーは、どれも編集されたいわば「ダイジェスト版」ばかりだったので、今回のように完全な映像として制作されたのは画期的じゃないかと思います。

個人的に一番気になるのは、<ハイライトぎっしり編>の、石井竜也さんと高杉さと美さんのナレーション

ネット各所で言われている事ですが、できればプロのナレーターを使って欲しかったsweat01映像に関しては満足できる構成なので、やっぱり残念でした…

今後ディズニーから発売される作品はBru-ray版とDVD版が並行して販売されると思うので、いま検討されている方はぜひBru-ray版をオススメしますsign03

Bru-rayプレーヤーでDVDディスクを再生するときは「アップコンバート」という機能を使うのですが、PS3はもちろん、最近の機種はそのアップコンバート機能も優秀なものが多く、DVDも十分きれいな画質で楽しめるらしいのですflair

特典映像は

  • 石井竜也さんと高杉さと美さんによる25周年のテーマソング『魔法の鍵 〜The Dream Goes On』のプロモーションビデオ。
  • シルク・ドゥ・ソレイユ 「ZED(ゼッド)」とは?
  • 東京ディズニーリゾートの様々な景色を、色をテーマに綴った動く写真集、「The Color of Tokyo Disney Resort 〜鮮やかな色で綴る東京ディズニーリゾートの風景」を収録。人のいないパーク内やホテルのさまざまな景色。静けさのなかで、はっとするほど 美しい映像が流れていきます。

(Disney.jp ディズニー•オフィシャル•ホームページより引用)
ZEDは、以前1回観た事があるのですが「…?凄いけど、抽象的すぎて難しい…」という印象だったので、とりあえずこれは置いといて。
魔法の鍵のPVは、SD画質なものの個人的に好きな映像なので、ちょっとだけお気に入り。

そして「特典映像」とはいえHD画質で収録された「The Color of Tokyo Disney Resort」の美しさは必見ですnoteアトラクションやショーが目が行きがちな東京ディズニーリゾートですが、この映像を見ていると「テーマショー」を徹底的に追究した美しいパークの景観をじっくり楽しむ事ができます。こちらもオススメですよshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

ビッグフィギュア『ミッキーの造船技師』

ディズニーストアで限定200個で販売

ビッグフィギュア『ミッキーの造船技師』
Img_4501

を紹介します。

「ミッキーの造船技師」は、1938年公開の7分間の映画です。映画の紹介はいつか出来ればと思っています。

2007年に公開された「ルイスと未来泥棒」と同時上映されたり、東京ディズニーシーの「ドナルドのボートビルダー」のベースとなった物語(グーフィーが船首像の女性を好きになっちゃうシーンや、船の板がなかなか打ち付けられないシーンが共通点ですよね)なので、知っている方も多いかも知れません。

高さ約38.5×幅29.5×奥行30.5(cm)で、重さは6Kgちょっとありますsweat01
気になるお値段は18,900円(税込)sign01です。
Img_4500

半年以上前の話ですが、仕事に行く前にディズニーストアに立ち寄ることが多かったのですが、その時に見たこのミッキーに一目惚れhappy02

小さい頃に見たミッキーの短編の中でもすごく好きな作品(うろ覚えでしたがsweat01)だったので、「欲しいーっsign01でも18,900円…」と悩んでいたある冬の日。そして1月31日の夜にミラコスタに泊まり、次の日にディズニーストアに寄ったときに相方と相談した結果、思い切って買っちゃいましたcoldsweats01

さすがに持ち帰れないし、その時は西荻窪で新聞奨学生をやっていたので、とりあえず埼玉の自宅へ配送をお願いしたのが09年2月1日。到着したのは翌日の2月1日。4月に埼玉の自宅に戻ってきて、ビッグフィギュアの特大ダンボールを初めて開けたのは6月下旬でした…。

今日になってやっと新しいパソコンデスクを設置したので、ようやく飾ることが出来ましたshine

Img_4502
後ろに突き出したお尻が可愛いミッキーheart01
後ろに見えるぬいぐるみは、初のカラー作品「ミッキーの大演奏会」のミッキーです。東京ディズニーランドの「ミッキーの家とミート・ミッキー」でもお馴染みですねnote

Img_4503
『“BOAT BUILDERS”1938』と書いてあります。

200個限定のはずなのに、いまだにオンラインストアで販売中なのが少し気になるところ(笑)

同じ短編のミッキーのビッグフィギュア『ミッキーのアルバイトは危機一髪』『ミッキーの二丁拳銃』のものは売り切れているのにweep

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

とうとうディズニー・モバイルに!

以前書いた記事で、ディズニー・モバイルの端末がありましたが、2月下旬に店頭で予約し、3月2日にとうとう契約してしまいました!

去年の9月頃に、ドコモのファミ割MAX(2年契約にすると割引率50%)を申し込んでいたのですが、解約金を払ってでも!と思うほど、「~@disney.ne.jp」のアドレスが欲しかったのです(笑)

色々試してみたのですが、やっぱりディズニー関連の主な名称はすでに使われていました。そこで、大好きなウォルトの言葉を使ったアドレスを試してみると、なんと1回で通りました!

今までずーっと(7年以上)ドコモのNEC端末だったので、今回のシャープ製はちょっとだけ抵抗がありましたが、早めに契約して良かった!と思った瞬間でしたね(^^)

カメラ機能はソフトバンクの820/821SHの時の評判通りあまり使いやすいものとはいえなかったり、キーの配置に戸惑ったり、やっぱりドコモの方が使いやすいかな?と思ったりと、色々ありますがきっと慣れるでしょうということで(笑)

紙袋や製品の入っていた箱もディズニーらしさいっぱいでした~
Img_3146 Img_3145

| | コメント (1) | トラックバック (0)