« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月17日 (金)

スイーツパラダイス イクスピアリ店

2009年5月31日(日)にイクスピアリにオープンしたケーキ食べ放題のお店
『スイーツパラダイス イクスピアリ店』
です。
Img_2009_06_25_2414

営業時間 : 11:00〜22:00(LO20:50)
制限時間 : 70分〜90分(時期・時間帯により異なる)
座席   : 102席

まー、紹介はするものの、まだ行ってませんsweat01

イクスピアリの2階。階段や小さな噴水があるディズニーランド側の道路沿いに近い場所に出来ました。屋根がないところなので、雨の日に並ぶのはちょっと大変かも…。

Img_2009_06_25_2416 Img_2009_06_25_2415
大人(中学生以上)1480円
子供        840円

他の吉祥寺店や上野店、渋谷店は行った事があるのですが、たぶんメニューなどはほぼ同じだと思います。

このお店のレポートは、いつか実際に行ったときにしようと思いますが、ケーキ以外にも、あんみつが作れるような和のデザートや、パスタ、サラダ、カレーやサンドウィッチ、スープ、ドリンクバー、チョコフォンデュなんかもあります。

土日は特に混んでいる事が多いらしいのですが、個人的には「せっかく東京ディズニーリゾートに来たんだから、パークに遊びに来た時なんかは特に、舞浜のスイパラに来る事はあんまりないかも…」なんて思ってしまいますが、どうでしょうか?

それでも、甘いものや食べ放題が好きな自分なので、きっと近い将来行っちゃうとは思いますが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

東京ディズニーランド ジオラマフィギュア

東京ディズニーリゾート25周年記念
『東京ディズニーランド ジオラマフィギュア』を紹介します。

2008年4月29日にローソン限定で発売が始まった、コカ•コーラオリジナルのフィギュアで、対象のペットボトルにおまけで付いていたもの。全12種です。

まずは

1.ワールドバザール(ミッキーマウス)
Img_4553
コスチュームは25周年のミッキーですが、顔だけ見るとアニメーション版の眉なしミッキーでしたcoldsweats02

2.シンデレラ城(ティンカー•ベル)
Img_4556
デフォルメされつつも、なかなか良い造形。

3.魅惑のチキルーム(リロ)
Img_4562
リロの顔、パークのキャラクターもそうですが、ちょっと怖い。

4.ジャングルクルーズ(シンバ)
Img_4555
シンバよりも、後ろにいるカバに目がいきます。

5.ビックサンダー•マウンテン(ウッディ)
Img_4552
赤い鉱山とそこにある機関車、線路がカッコいいんだけど、ウッディの存在感が大きすぎ。

6.蒸気船マークトウェイン号(ジェシー)
Img_4561
もうちょっと色分けを頑張って欲しかったマークトウェイン号。いつか時間があったら自分で塗り分けてみたいです。ジェシーの顔コワい。

7.スプラッシュ•マウンテン(ブレア•ラビット&ブレア•フォックス)
Img_4563
チカピンヒル(スプラッシュ•マウンテン)の雰囲気も、キャラクターの造形、塗りも細かいながらもなかなか。イバラの赤色が良いアクセントになってますね!

8.ホーンテッド•マンション(ヒューイ、デューイ、ルーイ)
Img_4560
建物の周りのキューエリアなんかも作り込んでくれるとよかったかも(ちょっと贅沢?)

9.イッツ•ア•スモールワールド(ホワイトラビット)
Img_4559
色彩がとっても可愛いです。アリスのティーパーティー付き。

10.トゥーンタウン(プルート)
Img_4554
来ましたトゥーンタウン!やっぱりスーパースターの「ミッキーの家」とその恋人「ミニーの家」です。が、プルートであんまり見えませんsweat01プルートは可愛いですよ?

11.グランドサーキット•レースウェイ(マックス)
Img_4558
下記のスペース•マウンテンは形が特徴的だし人気アトラクションなので分かるのですが、もう1つは…ということでグラサンでした。個人的には「スター•ツアーズ」か、ちょっとマニアックに「ショーベース」が良かったかも。

12.スペース•マウンテン(スティッチ)
Img_4557
う〜ん…。特にコメントが見つかりませんでした(笑)

12種を組み合わせるとこんな感じ。
Img_4583
各テーマランドごとに2つのアトラクションがフィギュアになってます。

が!

クリッターカントリーとトゥーンタウンは、それぞれ1つしか無い!(`Д´)

スペースの問題もあると思いますが、クリッターカントリーは「ビーバーブラザーズのカヌー探検」があるし、トゥーンには「ジョリートロリー」という看板アトラクションがあるじゃないか〜!と、こっそり思ったりしてます(笑)

以下アップ画像。

Img_4581
ティンクの顔が微妙すぎですが、それを除けば良い出来です♪

Img_4582
プルートにどいてもらいました。

全12種を組み合わせると、こんな感じになります。
Img_4583_3
直径約26cm。テーマランドの位置関係はほぼ合ってます。

当時から結構人気があったらしく、集めるのが大変だったという話もどこかで読んだ事が。

次回のフィギュアの記事は、第2弾のディズニーシーを予定していますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

夜ごはん

Image035
初ポルトフィーノで、ふっきぃくんと1つのパスタを分けて食べましたー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボン待ち

Image034_2
あと30分です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今からクールサービス『デラックス』浴びてきます!

今からクールサービス『デラックス』浴びてきます!
リドアイルでホリさんとクールサービス!

荷物は完全防備で、カメラとノートPCは死守します(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シー イン日記 7/10

今日はシーに来ています!
Image244

そして、ザンビーニ裏で記事を書いていますshine
Image030

朝は、京葉線の遅れもあって、10時頃にシーに到着。
リドアイルに直行してクールサービスを待っていたところ
強風のためキャンセルになってしまいましたcrying

午後も風が強いらしいので、ボンファイアーも中止でしょうか…。
Image026
朝の時点ですでに並んでいるゲストが。
今年でボンファイアーは終了なので、8月はかなり混みそうな予感…

その後、ファンパに行っている皆さんと合流するお昼過ぎまで時間があるので、パーク内を散歩していたところ、アラビアンコーストで絨毯売りの行商に遭遇。

ここぞとばかりに最前列で一眼レフでたくさん撮ってみました!
Image2471
ダンサーさんもいる形式のストリートシークスをちゃんと見たのは初めてだったのですが、昔と比べて固定ファンが増えましたねー。時間を見計らって、かなり前から場所取りをしている人もいてびっくりです。

その後、すぐ後ろで探検家スタイルのミニーちゃんのグリーティングが行われていたので、ここでも一眼の連写機能をつかってかなりの枚数を撮影。シングルライダーでアトラクションを乗る予定が大幅に変わってしまいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

メアリー・ブレア展開催記念スペシャル・プレ・イベント

7月18日から東京都現代美術館で開催されるメアリーブレア展。

そこで販売されるメアリーブレア展限定グッズや、その他のディズニーのクラシックアート商品を先行販売するイベントが、有楽町の阪急で開催されています。

有楽町阪急メアリー・ブレア展開催記念スペシャル・プレ・イベント
1

チケットはもう買ってあるのですが、どうしても物販が先に見たくて一足先に行ってきてしまいました。行ってみると、『スペシャル・プレ・イベント』とは銘打っているものの、小さいスペースでのグッズ販売のみでしたcoldsweats01

以前から欲しかったメアリーブレアの画集は売っていなかったので、自分の部屋で飾るためのポストカードマグカップを買いましたnote
Img_4539
もっと欲しかったのですが、今回は予算的にこの枚数で…

Img_4541
1952年の短編アニメーションの「小さな家」のマグカップです。
写真にうつっているような、とっても可愛い箱に入ってましたheart01

3  2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

ドリームス オブ 東京ディズニーリゾート25th アニバーサリーイヤー マジックコレクション

ドリームス オブ 東京ディズニーリゾート25th アニバーサリーイヤー マジックコレクション(Blu-ray版)
Img_4527
2009年4月3日発売

あまりにも長いタイトル(笑)ですが、先日ようやく手に入れたので紹介したいと思います。DVD版は2枚組ですが、このBlu-ray版は1枚組(?)。自分にとって25周年は、ゲストとしてもキャストとしても思い出深いものでしたので、思い切ってブルーレイ版(とプレーヤーも)を買ってしまいました。

amazonなんかを見てると、Bru-ray版は販売中止になったからか、中古商品もかなり値上がりしていますねー。「スターライトドリームスの映像に、激しい点滅のシーンがあるという注意書きとお断りを入れなかった」のが、販売中止の理由という噂ですが、本当のところはどうなのでしょうか…。

以前から欲しかったものですが、一番の目的は、HD画質で収録されているという「テーブル•イズ•ウェイティング」です。実際には2回しか見られなかったショーですが、一番大好きなショーのため、これを買うためにBru-rayプレーヤーを買ってしまいましたhappy02

まだ全部は見ていないのですが、SD画質とHD画質のものがあるので、見ていると差が明らかです。<ショーまるごと編>には、スターライトドリームスとテーブル•イズ•ウェイティングが、全シーン収録されていますが、安定して高画質な後者と比べて前者はちょっと微妙な気がします…。そっち方面の専門的な知識はないですが、これはマスターテープの問題なのか、編集の段階での問題なのかが気になるところ。ただ、これまで販売されてきたDVDに収録されていたパレード、ショーは、どれも編集されたいわば「ダイジェスト版」ばかりだったので、今回のように完全な映像として制作されたのは画期的じゃないかと思います。

個人的に一番気になるのは、<ハイライトぎっしり編>の、石井竜也さんと高杉さと美さんのナレーション

ネット各所で言われている事ですが、できればプロのナレーターを使って欲しかったsweat01映像に関しては満足できる構成なので、やっぱり残念でした…

今後ディズニーから発売される作品はBru-ray版とDVD版が並行して販売されると思うので、いま検討されている方はぜひBru-ray版をオススメしますsign03

Bru-rayプレーヤーでDVDディスクを再生するときは「アップコンバート」という機能を使うのですが、PS3はもちろん、最近の機種はそのアップコンバート機能も優秀なものが多く、DVDも十分きれいな画質で楽しめるらしいのですflair

特典映像は

  • 石井竜也さんと高杉さと美さんによる25周年のテーマソング『魔法の鍵 〜The Dream Goes On』のプロモーションビデオ。
  • シルク・ドゥ・ソレイユ 「ZED(ゼッド)」とは?
  • 東京ディズニーリゾートの様々な景色を、色をテーマに綴った動く写真集、「The Color of Tokyo Disney Resort 〜鮮やかな色で綴る東京ディズニーリゾートの風景」を収録。人のいないパーク内やホテルのさまざまな景色。静けさのなかで、はっとするほど 美しい映像が流れていきます。

(Disney.jp ディズニー•オフィシャル•ホームページより引用)
ZEDは、以前1回観た事があるのですが「…?凄いけど、抽象的すぎて難しい…」という印象だったので、とりあえずこれは置いといて。
魔法の鍵のPVは、SD画質なものの個人的に好きな映像なので、ちょっとだけお気に入り。

そして「特典映像」とはいえHD画質で収録された「The Color of Tokyo Disney Resort」の美しさは必見ですnoteアトラクションやショーが目が行きがちな東京ディズニーリゾートですが、この映像を見ていると「テーマショー」を徹底的に追究した美しいパークの景観をじっくり楽しむ事ができます。こちらもオススメですよshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

ディズニー•モバイル買い換えました

08年3月から使い始めたディズニーモバイル

DM001SH(シャイニーシルバー)
Img_4537

液晶の下のヒンジ部分の塗装が、かなり剥がれてます…

新聞配達に持ち出し、衝撃や風雨にさらされ酷使していたからか、6月末にとうとう壊れましたcrying

割賦方式のおかげで、気軽に機種変更できない最近の携帯電話市場。中古で安くみつけた端末を購入しましたsign01その新しい(?)端末とはsign03

DM001SH(グリッターゴールド)
Img_4536

まぁ、同じ機種なんですが(^-^;
ホントは「スパークルピンク」が欲しかったのですが、そちらは値段が高かったものでbearing

色の比較はこんな感じです。
Img_4530

ディズニー•モバイルはどのくらい普及しているのでしょうか?自分の友人で持っている人は一人だけ。キャストのお仕事をしていた時も、持っているゲストの数はかなり少なかった気がします。

ちなみに、この機種のカメラは評判があまり良くないですweep
オートフォーカスLEDのフラッシュライト(接写の時とか、懐中電灯の代わりとして便利catface)がない点や画質の点で、ちょっと物足りなかったりします。コンパクトデジカメを持ち歩く自分なので、携帯電話のカメラに多くは求めていないのですが、後発のディズニー•モバイルとはいえ、もうちょっと力を入れて欲しいところです。

ということで、余談ですが。

ミッキーとゲストの写真を撮るとき、この携帯電話を渡されると思わず

「こちらの携帯電話で大丈夫ですか?」

「2枚以上も大丈夫ですので、他にお手持ちのカメラがありましたら、そちらでもお撮りしますよ?」

と思わず心配になって聞いちゃうことが何回かありましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

バジル栽培セット その2

芽が出ましたsign03happy01
Img_4504

前回の記事で、スプリングカーニバルのミニプランター付きバジル栽培セットを買ったと書きましたが、6月30日に種を蒔きました。

種の数を考えるとミニプランターがあまりにも小さいので、とりあえずプラスチックの入れ物で少し育てて、間引く頃に苗を選んでミニプランターに植え替える予定です。
Img_4505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグフィギュア『ミッキーの造船技師』

ディズニーストアで限定200個で販売

ビッグフィギュア『ミッキーの造船技師』
Img_4501

を紹介します。

「ミッキーの造船技師」は、1938年公開の7分間の映画です。映画の紹介はいつか出来ればと思っています。

2007年に公開された「ルイスと未来泥棒」と同時上映されたり、東京ディズニーシーの「ドナルドのボートビルダー」のベースとなった物語(グーフィーが船首像の女性を好きになっちゃうシーンや、船の板がなかなか打ち付けられないシーンが共通点ですよね)なので、知っている方も多いかも知れません。

高さ約38.5×幅29.5×奥行30.5(cm)で、重さは6Kgちょっとありますsweat01
気になるお値段は18,900円(税込)sign01です。
Img_4500

半年以上前の話ですが、仕事に行く前にディズニーストアに立ち寄ることが多かったのですが、その時に見たこのミッキーに一目惚れhappy02

小さい頃に見たミッキーの短編の中でもすごく好きな作品(うろ覚えでしたがsweat01)だったので、「欲しいーっsign01でも18,900円…」と悩んでいたある冬の日。そして1月31日の夜にミラコスタに泊まり、次の日にディズニーストアに寄ったときに相方と相談した結果、思い切って買っちゃいましたcoldsweats01

さすがに持ち帰れないし、その時は西荻窪で新聞奨学生をやっていたので、とりあえず埼玉の自宅へ配送をお願いしたのが09年2月1日。到着したのは翌日の2月1日。4月に埼玉の自宅に戻ってきて、ビッグフィギュアの特大ダンボールを初めて開けたのは6月下旬でした…。

今日になってやっと新しいパソコンデスクを設置したので、ようやく飾ることが出来ましたshine

Img_4502
後ろに突き出したお尻が可愛いミッキーheart01
後ろに見えるぬいぐるみは、初のカラー作品「ミッキーの大演奏会」のミッキーです。東京ディズニーランドの「ミッキーの家とミート・ミッキー」でもお馴染みですねnote

Img_4503
『“BOAT BUILDERS”1938』と書いてあります。

200個限定のはずなのに、いまだにオンラインストアで販売中なのが少し気になるところ(笑)

同じ短編のミッキーのビッグフィギュア『ミッキーのアルバイトは危機一髪』『ミッキーの二丁拳銃』のものは売り切れているのにweep

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

ノートルダムの鐘

ディズニーの話題といえば、やはり東京ディズニーリゾートの事が多くなってしまいますが、僕の中での「ディズニー」の原点といえば「アニメーション」になります。

ウォルト・ディズニーのアニメーションは、長編以外にも、短編などを含めるとかなりの数があります。でも、改めて考えてみると、「意外に観た事がないものが多いな」と思う方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに行くようになった最初の頃は、そんなに深くは考えなかったのですが、キャストになってからは特に

「すべてのテーマランドやテーマポート、そこにあるアトラクションなどには細かなバックグラウンドストーリーがある」

という事をかなり意識するようになりました。

ディズニーのパークは「遊園地」ではなく、ウォルト・ディズニー(そして、アニメーション)の世界観のもとに作られているのだから、それをしっかりと頭に入れたうえでパークで楽しみたいsign01(ゲストの皆さんに聞かれたときに答えられないと!というのもありましたがsweat01

ということで。観た事がある作品も無い作品も、時間を無理やり作っては少しずつ観ています。それらの作品を、個人的な感想を中心に記事にしていけたらなと考えています。ちなみに、ネタばれしないように内容には殆ど触れない予定です。一応は「アニメーション科」卒業の僕ですが、専門的な内容を文章にするのは苦手なので、ごくごく一般的な観点からの感想になってしまいますがcoldsweats01

前置きが長くなりましたがsweat01

今回は

「ノートルダムの鐘」 

日本版の英題、また劇中のロゴは『The Bells of Notre Dame』
それ以外の国の原題は『Hunchback of Notre Dame』となっています。

原作は1831年に出版されたヴィクトル・ユーゴーの小説です。

1996年6月21日公開。91分。
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、34作目の長編アニメーションです。

内容について。

ハッピーエンドではあるものの、とりあえず
重いsign01とにかく重いsign03

そして、幅広い年齢層に楽しめる作品が多いディズニーにしては珍しく

宗教色が強いsign01

というのが特徴でしょうか。

中世ヨーロッパの世界観を3DCGを使って美しく描いた映像と、アラン・メンケン作曲の荘厳な音楽が見事に調和している作品です。

日本のアニメーションにはあまり無い「ミュージカル」の様な歌を織りまぜたカットが、印象的です。「リトルマーメイド」や「美女と野獣」もそうですよね。

主人公は
「カジモド」

ヒロインは
「エスメラルダ」

物語の冒頭と最後での語り部、そして劇中のジプシー達のリーダーである
「クロパン」

2年程前からパークに行き始めた僕は、キャラクターとして上の3人を見たことはありませんsweat01

やはり一番活躍(sign02)しているのが、劇中の最高裁の判事であり『冷酷な一面』と『大聖堂で神に仕える身』、そして『エスメラルダを憎みつつも惹かれる』気持ちの葛藤が描かれていて、。影の主役ともいえる

「クロード・フロロー」

ではないでしょうか。ちなみに「ワンマンズ・ドリームII -ザ・マジック・リブズ・オン」で撮ったフロローはこちらです。なんだか楽しそうに見えるフロローですが、実際はそんな事はありませんので(笑)
Img_2009_04_14_1854

Img_2009_04_14_1860

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »