« 久しぶりの記事です。 | トップページ | バジル栽培セット »

2009年6月15日 (月)

シー イン日記 6/15

手もとに残っている1デーパスポートを使って、シーに行ってきましたhappy01

年パスを持っていたときは、
「ふと気が向いたときに、お昼ころにフラっと立ち寄る」
ということが多かったのですが、久しぶりの1デーパスポートなので
朝から気合いを入れて舞浜へsign01

ところがsign03

開園時間を間違えるといういきなりのうっかり。
9時開園のつもりでエントランス前に並ぶも、シーはこの日、10時開園だったのです…sweat01ランドの時間と見間違えたのかなぁ…

まぁ、ほぼ最前で並べたし、いい位置でショーを見れるかと思いきや、この日は

ディズニーホテル宿泊者対象のアーリーエントリー実施日だったΣ( ̄ロ ̄lll)

9時に入園するゲストを横目に、並ぶこと更に1時間。

ミート&スマイルを観るためにリドアイルへひたすら早歩き。

やっぱり最前列は無理でしたsweat01(≧ヘ≦)

それでも、座った状態でちゃんと観たのは1年半ぶりぐらいなので、新鮮な気持ちで楽しめました。25周年の時にも、チラ見したことはあったものの、

「おぉsign01ダッフィーがいるっsign02coldsweats02 ミースマのリズミカルな音楽とダンスの中で、ダッフィーの動きはやっぱり目立つぞ…

「スティッチが来たsign01いや、個人的には、シーにスティッチは…

なんて考えながら見てましたが、25周年衣装に見慣れていたせいか、新しい衣装はやけに可愛く見えました。

Img_2009_06_15_2229

Img_2009_06_15_2237

Img_2009_06_15_2239
相方はグーフィー好きなので、一眼を渡したら、SDカードのほとんどがグーフィー画像になりましたcoldsweats02

Img_2009_06_15_2241

Img_2009_06_15_2246

ミースマが終わったら、あいた場所を見つけたので少し前列に移動してプリマヴェーラ待ち。毎回パークに来る前には

「公式ホームページ上の動画でしっかり予習して、ゲスト参加部分の振り付けを完璧にして恥ずかしがらず全力で踊る」

という目標があるのですが、この日も結局うろ覚え…。
ノートパソコンを持ってきて、ショー待ちの時に覚えちゃうという案もあったのですが、天気が不安定なこの時期。雨が降ると大変なのと、さすがに目立つからと思い持ってきませんでした(笑)

フェアリーズ・プリマヴェーラを見るのは今年3回目。

ショーの名前に「フェアリーズ」とあるものの、妖精たちの存在感が微妙にうすい気がするのは僕だけでしょうか?(笑)

音楽とともにフェアリーズが登場し、ティンクがみんなの紹介をする。
    

ハーバーを船でまわる。
    

その後、キャラクター達が登場。ゲストの注目はやっぱりそちらに。
    

フェアリーズ達、出番終了。いったん裏へ帰還。
    
 (あれっ?いつの間にかいなくなってる!?)
ショーが終わる頃、再び登場。
      
(おっ!また出てきたぞ! そういえば今までいなかったかも…)

フェアリーズ達も、それぞれ色んなところに上陸すればいいのになぁと思うのですが、どうでしょうか?

まぁ、ただでさえ「どこでショーを観るかによって、見れるキャラクターと見れないキャラクターが変わってくる」のだから、これ以上複雑なパターンになっても、あまり何度も来れないゲストにとっては悩んじゃいますよねsweat01

Img_2009_06_15_2263

Img_2009_06_15_2265

Img_2009_06_15_2269

Img_2009_06_15_2279

Img_2009_06_15_2296 相変わらず、グーフィー多めな相方の撮影

Img_2009_06_15_2323

その後、マーメイドラグーンにいたシェフルイとグリーティング(撮影&サイン)しつつ、ロストリバーデルタへ。ラインカットぎりぎりだったその回の整列グリーティングに並びました。

1日に4~5回あるフェアリーズのグリーティングですが、1回のグリーティングが約30分なので、混んでいる日にはすぐにラインカットになってしまいます。

通常のキャラクター(ミッキーやミニー)のグリーティングは、キャストとして経験を積んだおかげ(?)か昔よりは慣れてきたのですが、フェアリーズ達を始めとしたフェイスキャラのグリーティングは、相変わらず緊張しますbearing

きっと、落ち着いて英会話が出来るぐらいの語学力があればいいのでしょうが…。外国人ゲスト(たぶん家族)が、楽しそうに、ちょっとだけ長い会話をしていたのを見ると、とっても羨ましかったですー。

整列グリーティングでティンカーベルと写真を撮ったあと、すぐに他の4人のところへ移動!

ティンカー・ベル - もの作りの妖精
Img_2009_06_15_2387 (整列グリで撮ったものは1ショットじゃなかったので…)

フォーン - 動物の妖精
Img_2009_06_15_2366

シルバーミスト - 水の妖精
Img_2009_06_15_2373

イリデッサ - 光の妖精
Img_2009_06_15_2367

ロゼッタ - 植物の妖精
Img_2009_06_15_2375

ホリさんは記事の中で「シルバーミストが好み」と明言されていましたので、僕はどうかなぁ~と思いながら、実際に5人のフェアリーズ達と会ってみたところ…

フォーンが断トツ1位でしたhappy02

以下、いっぱい撮った写真の、ほんの一部です。
Img_2009_06_15_2390 Img_2009_06_15_2397
Img_2009_06_15_2398 Img_2009_06_15_2402

こんな時、一眼レフの連写機能の性能の高さは活躍しますね(笑)

ロストリバーのジャングルとピクシー・ホロウがつながっているという、なんとなく無茶な設定に違和感を感じつつも、森に返っていくフェアリーズ達を見送り、ミステリアスアイランドへ。

リハブ中なのは知っていたのですが、なにやら入り口に見えるゲストの列を発見sign01

キャストさんに聞いてみたところ「洞窟探検ツアー」をやっているとの事sign01sign01

初めてこのツアーをやっていたところに遭遇した前回は、すでに締め切ったあとだったので、その嬉しさで興奮しつつ、30分待ちと教えてもらった列の最後尾に並びます。
Img_2009_06_15_2406

実際は30分もかからなかったと思いますが、まずは入り口のところで

「モビリス!」 「モビリ!」

の挨拶から教えてもらいます。
他のゲスト数組の様子を見ると、やっぱりこのツアーの事は知らずたまたま参加したという雰囲気だったのもあってか、恥ずかしそうにしていました…。

そんな中、僕と相方は元気良く

「モビリ!」と声を揃えて張り切ります(笑)
心の中で「皆さん!このツアーはリハブ期間中、しかも運が良くないと参加できない貴重な体験なんですよ~!」と叫びつつ、マグマサンクタムに入っていきます。

ふだんはゆっくり見ることがないキューエリアを、クルー(キャストさん)の説明付きで見学する事が出来るし、スタンバイ時間が相当長くないと見られないところ、普段は金網ごしにしか見られないネモ船長の書斎にも入る事が出来ます。

この書斎も、キャストさんが

「どうぞ、ゆっくり見てみてくださいね!」

と言ってくれたものの、他のゲストの皆さんはそんなに興味が無い様子Σ( ̄ロ ̄lll)

トモ      「写真を撮っても大丈夫ですか?」

キャストさん 「ぜひ、近くで撮って下さい!」

という流れで、相方と僕の二人だけで、じっくりビデオ(デジカメの動画機能ですがsweat01&写真撮影をしました。

最初に聞いた所要時間は15分前後。実際に時間を計ってみたら18分でした。ゲストの反応によって多少時間は変わるとは思いますが、あの量のスピールをゲストを惹きつけながら話すのは結構大変だろうなぁと感じます。自分のスピールは、種類も多くなく、40秒くらいの短いものが多かったです。その分、アドリブをまじえるのが大変だったかも…

次はアメリカンウォーターフロントへ。ブロードウェイ・ミュージックシアターで2時間並びました。

狙うはビッグバンドビートの最前列note

1人インの時は、空いている場所を見つけやすかったのですがそれでも2列目だったので、この日、最前列の真ん中付近に座れた時にはもうそれだけでドキドキでしたheart01

BBBを観るだけでも1デーパスポート代の価値はあるなーと思うのですが、帰る頃にはやっぱり年パスが欲しくなりますね(苦笑)

ハロウィンの時期にはなんとか年パス(今回は共通かも)が買えればなぁ~と思っています♪

|

« 久しぶりの記事です。 | トップページ | バジル栽培セット »

シー 「日記」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509466/30198504

この記事へのトラックバック一覧です: シー イン日記 6/15:

« 久しぶりの記事です。 | トップページ | バジル栽培セット »