« 母 | トップページ | シー イン日記 6/1 »

2008年5月28日 (水)

デジタル一眼レフ!

※前回の記事の、タイトルの変更と写真の変更、追加をしました。

生活も少しずつ落ち着いて、今週の月曜から学校と仕事にも復帰しました。実家からのプチ引越しも終わり、ようやくネット環境に戻ってこれました。記事で書きたいことはいっぱいあるのですが「ちゃんと更新できるか」「上手な文章で書けるか」は、また別問題です(笑)

以前書いたカメラの記事で「欲しい!」と言っていたデジタル一眼レフ。なんと思ったより早く手にすることが出来たんです。(親戚からのプレゼント?という形でしょうか…)

愛用しているPowerShot A700 がキャノンだから、というわけではないですが、同じくキャノンの、「EOS Kiss X2」の標準ズームレンズと望遠ズームレンズが付属した「Wズームキット」です。デジタル一眼の中では、入門モデルといった位置づけでしょうか。でも、機能を見る限り、一世代まえの中級クラスと同じ位の性能なので、なかなかコストパフォーマンスは良いかも!? そして別売りのレンズフードやレンズプロテクトフィルター、予備のバッテリーなんかを購入。
Img_3913

画素数は約1220万画素。
PowerShot A700の約600万画素でも十分で、画素数が多いからといって、「=高画質」というわけではもちろん無いですが、きめ細かく表現できたり、パソコン上でレタッチするときに耐性があるので、やっぱりこれ位の画素数はあっても良い様な気がします。最近はコンパクトデジカメでも1000万画素を越えるものが出てきていますよね。

ただ、注意したいのは、

「コンパクトと一眼レフでは、たとえ同じ画素数だとしても、撮影状況によっては画質が大きく変わってくる」

という事だと思います。それは「撮像素子」の大きさを比較すると分かりやすい…かも。

撮像素子とは、簡単にいうと「被写体の光を電気信号にして、A/Dコンバータによってアナログ→デジタル信号へ変換してデジタルデータとしての画像にするセンサー」です。(もちろん僕もそんなに詳しくは理解していないですよ?(^_^;

今はあまり使われなくなりましたが、現像に出してプリントする35mmフィルムがありますよね?それの1コマ分を基準に考えてみます。それが約36mm × 24mm。デジタルにおいても、これがいわゆる「フルサイズ」と呼ばれる大きさです。この大きさの撮像素子が搭載されているカメラはほとんど無く、1210万画素のニコンD3は本体だけ(レンズは別売り)でも50万円近くします…。

一般的なデジタル一眼レフは「APS-C」と呼ばれるサイズの撮像素子を採用。これは23.4mm × 16.7mm。フルサイズの約3/5の大きさですね。Kiss X2もこれです。

PowerShot A700の撮像素子サイズは「1/2.5型」で、5.7mm × 4.3mm。これはなんと!フルサイズの3%以下の面積しかないんです!

  • フルサイズやAPS-Cの面積で1000万画素
  • 2.5/1型 の小さい面積で1000万画素

こうして比較すろと、コンパクトデジタルカメラの高画素化はいかに画素を小さくして詰め込んでいるか、というイメージになるでしょうか。1つ1つの画素が大きいと、そのぶん光を受け取る量に余裕があり、より豊かな表現ができるみたいです。ただ、そんなに細かい部分が気にならない僕としては「低感度(ISO 100)くらい、晴天、etc.」とiいう良い条件ならあまり変わらない気が(笑)。ハイライト部分やシャドウ部分で階調表現の差がでてくるみたいですが、一般的にはそんなに気にしなくていい点だと思っています。

大きな違いが感じられるのは、高感度での撮影時です。

フィルムでは
「低感度(ISO 100~)→粒子が細かく、綺麗な写真になる。一方、感度が低いため十分な光量がないとシャッタースピードが遅くなり、手ぶれしやすい。」

「高感度(ISO 400位 or 800以上) → 感度が高いため、ちょっと暗くても、少し速めのシャッタースピードで撮影可能。ただ、粒子が粗いためにザラついた感じの写真になってしまう」

というふうな感じでしたが、デジタルでもほとんど同じ感覚です。高感度時は、少ない光量を補うために、電気的に増幅します。その時のノイズが画像の粗さ、ザラつき感となって現れます。1/2.5型くらいの撮像素子サイズで ISO800とか1600を使ってみると、そのノイズは一目瞭然!コンパクトデジタルカメラを使う場合、手ぶれをおこすようなシーンでの撮影は、感度を上げるのではなく、「感度はISO 100 くらいのままで、三脚を使いシャッタースピードを遅くして」の撮影をオススメします~(動く光がない夜景の場合)。

一方、最近のデジタル一眼レフは高感度でもノイズはあまり目立たなくなっているらしく(これも、撮像素子が大きいため)、ISO800や、好みにもよりますが ISO 1600位までは常用域として使えるみたいです。これは室内撮影や三脚をもっていない時、三脚を使えない場所での撮影の可能性が広がるのですごく嬉しいです。

と、長々と文章で書いていても分かりづらいと思うので…今後の記事で、2つのカメラで同じ構図、同じ感度で撮り比べをしてブログで紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします(〃▽〃)

|

« 母 | トップページ | シー イン日記 6/1 »

その他 雑記」カテゴリの記事

その他 雑記」カテゴリの記事

コメント

写真のおかげでおにいさんがどこのお兄さんかわかってしまいましたよー。
同じアベニュー側の水色帽子ですのでどうぞあったときには色々教えて下さい。

投稿: ふにさ | 2008年5月29日 (木) 02時47分

>ふにささん

マーチャンダイズでも同じコスチュームが
ありますが、アトラクションとなると
だいたいどの辺りか分かっちゃいますよね…

赤色帽子の人は、水色帽子の方と比べると
割と少ないと思うので…(^_^;
もし見かけたら、ぜひ「ブログ読んだよ!」と
話しかけてくださいね!

投稿: トモ | 2008年5月30日 (金) 19時21分

撮像素子って初めて聞いた単語かもしれません。
でも、トモさんのおかげでデジイチとコンデジの違いが理解できました。

投稿: ははだよ | 2008年5月31日 (土) 09時09分

>ははだよさん

これからは、デジイチとコンデジを上手く使い
分けていこうと思っています。
写真の事は、フィルムカメラ時代からちょっと
ずつ勉強しているのですが、技術はなかなか
身に付きません(^_^;

復習も兼ねてカメラや写真の記事を書いていく
予定ですが、間違った部分があれば、ぜひ
教えて下さいね!

投稿: トモ | 2008年6月 4日 (水) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509466/21247400

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル一眼レフ!:

« 母 | トップページ | シー イン日記 6/1 »