« 小さな子との会話 | トップページ | 入社式でした »

2008年2月17日 (日)

シー イン日記 写真撮影イン

通っている学校の課題で、「ストーリーやテーマを考えて24枚の写真を撮り、スケッチブックに貼って提出する」というものが出されたんですが…。短い一言と写真だけで表現しなくてはならず、デジタルカメラではなく撮り直しの出来ないフィルムカメラの一発勝負というものなんです。

近くの公園(井の頭公園)なんかも考えていたのですが、やっぱりテーマを持った風景といえば「東京ディズニーシー」が一番!と思い、以前に紹介した一眼レフと交換用の望遠レンズ、もちろんデジタルカメラも持って、1月20日以来約1ヶ月ぶりにシーに行ってきました。

ちょっとゆっくりめの10時過ぎにエントランスに到着。ちょうどピアッツァ・トポリーノでのグリーティング時間だったので、そこだけはかなりの混み具合。見たい気持ちをおさえて撮影テーマを考えつつ、とりあえずパーク内を1周しました。

Img_2988 Img_3018
ウォーターフロントパーク内の菜の花畑と、蜜を求めて花から花へとジャンプしていたメジロ(ちょっと自信ないですが…) ピョンピョンと飛び跳ねる様子がとても可愛かったです。

Img_3012 Img_3013
ヴェネツィアン・ゴンドラは、ゴンドラごとに様々な色の花が飾られていて、シーズン・オブ・ハートの華やかな雰囲気を演出してくれていました。

Img_3025 Img_3026
ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの先、ミステリアスアイランドへ続く道にあるアクアダクトブリッジ近くにサクラが咲き始めていました。「大人のあなたにも、ディズニーを。花と緑の散策」のページには載っていない、たった1本のサクラの木。なんという名前のサクラなのかは分からなかったのですが、寒い日々が続いていた中でも、なんとなく春の訪れを感じさせる1シーンですよね。

どのテーマポートにするか迷った末、写真の課題はアメリカンウォーターフロントのニューヨークの街並みと、そこを行き来する人々の賑やかな雰囲気に決定!
Img_3033
地面ギリギリ、寝そべるようにしてデジカメで撮りました。
恥ずかしさよりもレイアウトを考えること優先で(笑)

構図や時間帯を考えるのはもちろんなんですが、一眼レフだと色々な事が出来る分かなり悩みます…。同じ建物を同じ構図で撮るにしても、「標準の35mmレンズ」にするか「望遠の200mmレンズ」にするか…。

実際の例がないので分かりにくいのですが、パース(パースペクティブ:遠近法)を使い分けることによって写真の雰囲気がまったく違ってくるんです。真っ直ぐな線路を思い浮かべると、遠くにいくにしたがって線路の間隔が狭くなっていく「ように」見えます。このパースのかかり具合をレンズのズーム、交換などで自分で操作(きつくしたり緩くしたり)することによって被写体以外の部分の見え方を変えるんです。いつか写真を載せて解説してみたいのですが、

撮りたい目標に対して

  1. 「その場を動かずズームして撮る」
  2. 「ズームはしないで、自分の足で歩いていってから撮る」

の2通りのやり方があるという感じです。

あとは、絞りの値で被写界深度を変えるのも重要!
Img_2989_2 Img_2990_2
上の2枚はデジタルカメラで撮ったものでちょっと構図が違うのですが、絞り値はそれぞれ

左 : F4.0
右 : F8.0

値が小さい方が、後ろに写っているホテルハイタワーにピントが合っていなく、ボケ気味なのが分かると思います。菜の花のみを強調したい場合は左の写真のように絞り値を開放に近く(小さく)、菜の花とホテルハイタワーの対比を表現したい場合などの時は、右の写真のように絞り値を大きくします。絞り値によって、ピントの合う範囲をコントロールしています。

ただ、絞りの効果は、一眼レフと比べるとコンパクトデジタルカメラの場合は差が現れにくいのが注意点です。その代わり、液晶で確認して何度も撮り直せるので、練習を重ねられるのが良いですよね~。デジタル一眼レフはどうなんでしょうか?いつか買って試してみたいところです。

今回のインで行ったアトラクション、ショーは、センター・オブ・ジ・アース2回、タワー・オブ・テラー1回、エレクトリックレールウェイ片道1回、BBB1回、ミシカ(強い風が吹いていたのですが、カイトありバージョンでした!)でした。お昼ごはんは、初のセイリングデイ・ブッフェにて。課題の為のインとはいえ、それなりに結構楽しんでますね(笑)

それ以外の時間は閉園時間までいっぱいに使って24枚の写真をなんとか撮り終える事ができました。たった24枚でしたが、こんなに撮影に神経を使ったのは初めてかもしれません(笑)

|

« 小さな子との会話 | トップページ | 入社式でした »

シー 「写真」」カテゴリの記事

シー 「日記」」カテゴリの記事

コメント

はじめまして(^-^)☆
ホリさんのところから、お邪魔させていただきました。
私はパークではショーやパレードをビデオに撮るのが大好きなのでカメラは持っていないのですが、最近写真もおもしろいなぁと興味が出てきました(^-^)♪
いろいろ設定次第で、同じ場所を撮っても違った写真になるんですね☆おもしろいです!
これからも、パークの写真楽しみにしてます♪
遅くなりましたが、キャストさんのお仕事も頑張ってくださいね(^-^)☆
私は共通パス持ちなので、ちょこちょこランドに遊びに行ってます(基本はシー)☆トゥーンに遊びに行ったらお世話になることがあるかもしれませんね(>_<)☆

投稿: じゅん | 2008年2月20日 (水) 20時41分

>じゅんさん

はじめまして!(^0^)
僕もホリさんのブログでシーが大好きになった
1人なので、ほとんどのインはシーですね~。
シーは綺麗な風景ばかりなので、夢中でたくさん
撮っていると、写真の技術が少しずつ上がって
いるような気がします(笑)

ショーやパレードも好きなので、ビデオ撮影は
羨ましいです。僕は三脚を使って撮るものの、
デジカメの動画機能なので(笑)

キャストになることで、ランドの魅力もたくさん
分かるような気がして今から楽しみです!
トゥーンタウンでじゅんさんとお会い出来るのを
楽しみにしていますね!

ただ、キャストとしての場合はあまりお話し
出来ないので、ゲストとして一緒にインできる
機会もあれば嬉しいです~(^^)

投稿: トモ | 2008年2月21日 (木) 21時58分

菜の花とホテルハイタワーを使ったお写真の解説はわかりやすいですね。写真の本にでてきそうです。
課題として写真を撮るのは難しそうですが、そんなことも楽しめてしまうシーの懐の深さが大好きです。写真を撮ることだけに限って言えば、ランドでは少々難しそうですから。

投稿: ははだよ | 2008年2月23日 (土) 08時01分

>ははだよさん

あの写真は慌てて撮ったものだったのですが、
参考になりましたでしょうか?

デジカメでたくさん撮るのも好きですが、
1枚1枚に思いっきり時間をかけて悩む
のも結構楽しかったですよ!

同じディズニーのテーマパークですが、
そんな点でもシーは第2パークとしての
位置づけがしっかりと確立されています
よね~。

投稿: トモ | 2008年2月24日 (日) 08時24分

遅れましたー。すみません。

いやー、勉強になりました!つい先日まで「光の彫刻」など生意気なことを言っていたランバルディですが、一眼持ったのは、ほんの1年もないぐらい…。いつもカメラ任せです。いやー、絞りってそうゆう使い方もできるんですね~。勉強になりました。レンズも変えたりして、いろいろな撮り方ができるんですね~。

またお願いしまーす!

投稿: ランバルディ | 2008年2月25日 (月) 01時29分

>ランバルディさん

僕も勉強中なので、間違っているところがある
かも知れませんが(笑)

「光の彫刻」素敵でしたよ~!夜景の撮影は
失敗が多い分、綺麗に撮れた時の感動は、何度
体験してもいいですよねー。ちなみに、一眼は
多機能すぎて、僕も全然使いこなせていません…

ディズニーのパークの場合、交換レンズは望遠
より広角の方が活躍しそうなんですが、やっぱり
値段が高いので、なかなか手が出ません。

投稿: トモ | 2008年2月26日 (火) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509466/10603623

この記事へのトラックバック一覧です: シー イン日記 写真撮影イン:

« 小さな子との会話 | トップページ | 入社式でした »