« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月28日 (月)

ランチケースセット(ケープコッド・クックオフ)

ドナルドのボートビルダーを初めて見た時に注文した

Img_2250 ケープコッド・クックオフ の ランチケースセット ¥1850です。

  • フライドチキンバーガー
  • フレンチフライポテト
  • チョコレートナッツケーキ
  • ソフトドリンク

フライドチキンバーガーは、想像していたよりも美味しかったです!ショーを見ながらゆっくり食べていたので、かなり冷めてしまいましたが、それでも鶏肉はそこそこジューシーでやわらかく、美味しく食べられました。

チョコレートナッツケーキは、ちょっと固めで濃厚な味が印象的でした。クリームの上のハートのデコレーション(食べられます)が、シーズン・オブ・ハートらしく可愛いです。
Img_2246

個人的には、ランチボックスより、このケースの方が使い道も多そうなので(男性にとっては、パーク内でも持ち歩くには抵抗がありますが)、それなりの値段はしますがつい買っちゃうものの1つです。ファスナーで開け閉めするバッグタイプのケースで、開けた裏側にはキューピッドのヒューイ、デューイ、ルーイが描かれていました。
Img_2351

08/1/20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

キャストになります!

1/20にインした時の日記で、キャストになるために面接を受けた事を書きました。そして昨日の夕方、東京ディズニーリゾートキャスティングセンターから電話がありました。その時は仕事中だったので詳しく話せなかったので「明日の26日に、こちらからかけ直します」ということになりました。

僕が面接のときに書いたのは

  • 土日のみの希望
  • 新聞奨学生の専門学校生で、住み込みで配達の仕事もある
  • 土日のみの人の基本的な条件「春・夏・冬の休暇シーズン等の特定期間は、土日を含んだ週3~4日」が出来ない

という、かなり望み薄な条件だったのですが、昨日の電話では、なんと

「条件にあったお仕事が紹介できます」との事でした!

そして今日。午前中にキャスティングセンターに電話して、労働規約など詳しい説明などを15分ほど聞き、一番気になっていた職種は、

第2希望の「アトラクションキャスト」でした!!!

第1希望はゲストコントロールキャストだったのですが、どちらもすごく興味があったのでスゴク嬉しいです\(≧▽≦)丿

心の中では、
ゲストコントロールならディズニーランド(パレード好きなので)

アトラクションキャストなら、第1希望から順に、

  • ニューヨーク市保存協会(笑)
    タワー・オブ・テラーは、見るのも乗るのも大好きです。ホテルハイタワーをもっと知りたい!
  • ホーンテッドマンション
    コスチュームがカッコいい&可愛い
  • エレクトリックレールウェイ
    小さい頃からの電車好き。運転してみたい。
  • ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
    実は船も好き!自分で動かしてみたい!制服もカッコいい。
  • ビッグサンダーマウンテン
    ウエスタンランドの雰囲気が好き。やっぱり人気アトラクションなので。

あとはヴェネツィアン・ゴンドラも素敵なんですが、歌が下手なので(笑) ジャングルクルーズとかストームライダーの場合は、上手なトークが重要なのでそれも自信ないかも…。

配属される詳しいアトラクション名は指定されていないのですが、ロケーションは

ディズニーランド の トゥーンタウンという事になりました!ちなみに、ディズニーランドの中で僕が一番行ったことがない場所です…。第1希望のゲスコンと同じくらい、ゲストと接する事がかなり多そうなテーマランドですよね~。実は子供好きなんで、トゥーンタウン配属というのは、それはそれで良いのかも知れません(^^)

トゥーンタウンのアトラクションといえば

  • ロジャーラビットのカートゥーンスピン
  • ミニーの家
  • ミッキーの家とミート・ミッキー
  • チップとデールのツリーハウス
  • ガジェットのゴーコースター
  • ドナルドのボート
  • グーフィーのはずむ家
  • トゥーンパーク
  • ジョリートロリー

絶叫系が好きな僕にとって、なんとも微妙なラインナップですね(笑) この中では、キャラクター好きとしてはやっぱり「ミッキーの家とミート・ミッキー」に配属されることを祈ります!!!

電話で相談した結果、オリエンタルランド本社での入社式は2月23日になりました。平日が休みならもっと早くなったのですが、それまではトゥーンタウンをはじめ、シーと比べて全く地図が頭に入っていないランドの予習を頑張りたいと思います。

ディズニーランドのレストラン名とショップ名って、シーと違ってすごく覚えにくい気がするのですが、気のせいでしょうか…。トイレの位置なんかもしっかりと覚えねば!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

ギョウザドッグ

うきわまんと並んで、ディズニーシー名物と言われている
Img_2134 ギョウザドッグ¥399 です。

マーメイドラグーンやアラビアンコーストへ向かうときは、ミステリアスアイランドを通ることが多いですよね。そこにあるリフレッシュメント・ステーションで売っているのですが、有名なだけあっていつも行列が出来ているので、今までは諦めていました

シーに来たからには一度は食べてみたいと思っていたのですが、閑散期の1月になってやっと食べることが出来ました!
Img_2136

ふっくら、もちっとした生地、湯葉(らしい)に包まれている肉。まぁ、色んなサイトで言われている通り、細長い肉まんと言ったほうが分かりやすいですね(笑)

そんな感じなんで、形以外はそんなに特徴的な食べ物でもなく、ランドのミッキーマウスまんと良い勝負かも…。同じ値段なら、個人的にはロストリバーデルタの「ユカタンソーセージドッグ」の方が好みかなー?と。

すごくすいている時ならともかく、無理に並んで買うのはちょっと…という感想でした。あっ!でも、そこそこボリュームもあって美味しいので、時々は食べたくなるかもしれないです。

08/1/20

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

ディズニー・モバイル

昨日、ディズニー・モバイルのサービス詳細、初の端末のDM001SHが発表されました。
Disneymobile_dm001sh_4

その少し前からシャープ製であること、ソフトバンクの821SHがベースであることは知っていましたが、一番気になるのは性能よりもやっぱりデザイン…。20代女性をターゲットにしているとの事で、大人が持っていても違和感のないデザインになりましたね。背面パネルとセンターキーにさりげなくミッキーのシルエットがあったりと、機能とデザインはほとんど821SHと同じとはいえ、ディズニーであることがさりげなく感じられます。
Disneymobile_dm001sh_02 Disneymobile_dm001sh_03

高校時代(10年前)のPHS時代もNTT、その後は約7年NTTドコモを使っていて、「手続きが面倒かも」というのもあって変える予定はなかったのですが、去年の11月に「ディズニーが2008年春に参入」と聞いて以来、ずっと気になっていたのです。最近多い、キャラクターをモチーフにしたデザインだったらちょっと考えてしまったかもしれませんが、女性向けとはいえ「ディズニー初の携帯端末」ということで、もしかしたら乗り換えてしまうかも(笑)

他社の携帯だと有料のディズニーのコンテンツが、全て無料で利用できるのも嬉しいところですね。プリインストールされている着メロと着うたのディズニー曲に加えて色々ダウンロードしてみたいです。オリジナルの絵文字がたくさん使えるらしいとの事ですが、こちらは僕はあまり使う機会は無さそうです。

ちなみに今の僕の携帯の着信音は、

  • 電話→「Sea of Dreams」
  • メール→「レジェンド・オブ・ミシカ」だったのですが、1月17日より「シーズン・オブ・ハート」

になってます(^^)ハロウィーンやクリスマス等のスペシャルイベントの時期はその曲だったりします。ランドのパレードの曲とか「Welcome To Christmas」とか。ディズニー携帯とはいえ、さすがにこれは入っていないでしょうが(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

イン日記1/20

1週間ぶりの更新になってしまいました…

職場で新人の教育を担当することになり、さらに、今度3月で退職する人の仕事を引き継ぐために、新しい仕事を覚えるのが重なり、それもあって遅れている学校の方の進級用課題がさらにピンチです(笑)

いつも読んでくださっている方には大変申し訳ないのですが、しばらくは不定期更新になってしまうかもしれませんが、これからもよろしくお願い致します。

前回、ホリさん達と行ったのが1月6日になるので、2週間ぶりのシーでした。

年パスを買ってからは3日おきくらいに行っていたので、たったの2週間ですが、すごく久しぶりな気がしてしまいました…。なんか、せめて週1回行かないと落ち着かない体質になってしまったようで(笑)

仕事が終わり、シーに着いたのが9時10分。楽しみにしていたキャラクタークリップをもらいます。今回はシーズン・オブ・ハートらしく、見つめあうドナルドとデイジーです。
Img_2322

そして、エントランス付近でキャラグリを眺めてからぶらぶらと散歩しつつ、リフレッシュメント・ステーションがすいていたので、初のギョウザドッグで朝食。リハブ中のブラヴィッシーモ!をたくさん撮影した後、
Img_2116 Img_2117
Img_2123 Img_2118
Img_2126
水面より下で作業する不思議な光景

メディテレーニアンハーバーの再入園口から一度退園。アンバサダーホテルとイクスピアリでウィンドウショッピング。

今回の一番の目的は別にあって、いつもなら「キャラクタークリップ」の配布日だから!なんですが…。実はリハブのブラヴィを見るのも目的の1つでしたが…。

新聞のない日や時間帯を使って生活費(と、ランドの年パス購入対策)のために、オリエンタルランド本社で面接を受けてきました!19日と20日に開催された、予約も履歴書も不要の面接会だったんです。

土日のみの希望で

  • 第1希望「ゲストコントロールキャスト」(パレード、ショー等での、ゲストの案内、誘導)
  • 第2希望「アトラクションキャスト」(アトラクションでの機械の操作、ゲストの案内、誘導など)
  • 第3希望「カストーディアルキャスト」(パーク内の清掃、ゲストの案内など)

今回の面接会は、希望の職種、曜日、勤務可能な時間などを書類に書いてキャストの方と1対1の面接をして、キャスティングセンターのコンピューターに登録されます。それで後日、条件があえばオリエンタルランドから連絡が来て採用、という流れ。

ネットで書き込みを読んでいたら、その場で即決だった人もいるらしいのですが、残念ながら僕は連絡待ちという事になりました。ちなみに、面接2ヵ月後くらいに電話連絡がきた人もいるらしいです。

登録期間と呼ばれるものが2月いっぱいまでで、それまでは電話が来る可能性があります。連絡がないと今回は不採用ということに。ただ、今回以降も定期的に募集しているのと、次に同じ条件で面接しても状況によっては採用となる場合があるらしいので、ダメだった場合は3月以降にまた面接を受けたいと思っています。

というか、今週あたりまでに電話が来ないと毎日が不安で、携帯電話の着信を気にしながらの生活になりそう(笑)

11時からの面接会が終わってシーに戻ったのが12時半。前回のインの時の閑散ぶりの印象が強かったので、思ったより混んでいた今日はびっくりしました。キャラクターグリーティングや、ステージでショーをやっているピアッツァ・トポリーノは常にたくさんの人で溢れている状態。すいているシーでのんびり過ごすという計画は早くも崩れ去る事に…。

ワゴンで買った軽食を食べてからミスティックリズム。散歩と撮影をしつつケープコッドに行き、ケープコッド・クックオフで「ドナルドのボート・ビルダー」を初めて見ました。1時間ちょっとのんびりした後、出たところでミニーのキャラグリに遭遇。

Img_2263

久しぶりに海底2万マイルに乗り、オーバー・ザ・ウェイブを裏から見てから、お土産を買いにショップ巡り。閉園30分前になったので、スタンバイ最終案内のタワー・オブ・テラーを30分待って乗りました。多分、その日最後のツアー客だったかも知れません。ニューヨーク市保存協会のキャストの方から色んな話が出来るのも、すいている時や閉園間際の特典かも知れませんね!

目的をもたず歩いているばっかりでしたが、シーズン・オブ・ハート関係の撮影はもっとすいている時にしようと思い帰ってきました。8時閉園はやっぱり早いですね~。
Img_2310 Img_2315

なんか物足りなかったので(笑)その後ボン・ヴォヤージュでさらに買い物。今回はイベントとは関係ないものばかりでした。

S.S.コロンビア号がテーマの、シックなイメージのイラストが気に入ったのでそのクッキーと、チョコクランチの中ではこのカフェオレとエスプレッソ味が一番好きなのでそれも購入。それから、寮の食事で使っているお茶碗が割れてしまってので、これを機にディズニー柄にと思い、大きめのお茶碗を。イベントごとにグッズを買っていくと、予算よりも部屋のスペースの方が心配になってくるので、なるべく少なめにしなくてはと最近思い始めてます~。
Img_2319

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

夜景の撮影

あの綺麗な風景の写真を撮るのも、ディズニーシーに行く楽しみの1つになっていて、1人インの場合は1日で400~500枚くらい撮影します。

小さい頃から旅行をするのが好きで、去年までは毎年、年に3回くらい全国食べ歩き&風景の写真撮影の各駅停車旅行をしていました。数年前まで使ってたのが下のカメラです。
Img_2107
PENTAXの一眼レフと、交換用の望遠レンズ。10年以上使ってました。

フィルムは一般的なネガフィルムではなく、鮮やかな色が表現しやすいリバーサルフィルム(ポジフィルム)を使ってました。このリバーサルフィルムは、露出補正やシャッタースピードの設定の影響が現像時にダイレクトに現れるため、撮影の勉強をするにはもってこいだったのですが、「フィルムの値段が高い」「現像代もプリント代も高い」というのもあって、なかなかお金がかかるのが悩みどころ。

今は、自身3台目のデジタルカメラの
Nec_0003
キャノンのPowerShot A700を使ってます。

コンパクトデジタルカメラで一眼レフに近い機能を持っている機種となると、ほとんど選択肢がなかったので、ほぼ即決でした。シャッタースピード優先や絞り優先モードがないと自分で意図した写真が撮れないんですよね~、特に夜景なんかは特に。

まぁ、デジタルカメラならフィルム代と現像代を考えなくて良いというのが、やっぱり一番大きいかも知れませんが(^^) ただ、枚数を気にしなくていいと、その分色んな撮影を試せるので、写真の腕は磨けるかも!?

そういえば、ディズニーランド、シーともにフィルムの現像はネガのみで、リバーサルは扱っていないようで。今の時代、フィルムカメラ自体がマイナーなのかも知れませんね。

とはいえ、ブログで公開できるほど綺麗な写真が撮れるようになったわけでもないのですが、これまでにとった写真の中で気に入ったものを数枚のてせみます。

Img_0639_2
ディズニーランドの方ですが、クリスマスのシンデレラ城

Img_0774_2
ミステリアスアイランド内から見たプロメテウス火山
様々な色の光が合わさり、神秘的な感じが上手く表現できたかな?と、ちょっとだけ思います。ちなみに、周りに人がいないのを狙っていたので、閉園後の22時20分頃です。

Img_0780 Img_0781 Img_0792
ハーバーサイド・クリスマスにて

上の写真は全て、このカメラの「シャッタースピード優先モード」で、マニュアルで設定できる最大の「シャッタースピード15秒」です。

このシャッタースピードを変えることによって、かなり印象が変わってくるんです。

Img_0790 Img_0791
左が6秒。右が13秒です。

Img_0804 Img_0806
左が4秒。右が15秒です。(ディズニーアンバサダーホテル)

どちらも左側のシャッタースピードの短い写真の方が、自分で実際に目にした印象としては近いかも知れません。ただ、1枚の写真の作品として見るときには、多少オーバーな表現になってしまう部分もありますが、あえてシャッタースピードを長くしてみるのも面白いと思うのですが、どうでしょうか?

そんな感じなんで、僕が夜景を撮るときは同じ構図で3~5枚位、シャッタースピードを変えて撮ってます。だから、やたらと時間がかかるんですが(笑) 閉園時間前後になって、三脚とカメラを持って歩き回ってる人がいたら、多分僕だと思ってください(^_^;

予算の関係で、デジタル一眼レフを手に入れるのは遠い将来になりそうです…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

クリスマスのダッフィー

ハーバーサイド・クリスマスの時、「サンタとダッフィーのホリデーグリーティング」で一緒に写真を撮ってもらった後に、アーント・ペグズ・ヴィレッジストアでつい衝動買いしてしまったダッフィーの写真です。

Img_0032 Img_0033

クリスマス時期のダッフィーの人気は凄かったですが、通常時期はどうなんでしょうか?

この前の1月2日は、開園直後だったからか(9時半頃)写真撮影とグリーティングの列は結構短かったです。

それから、パーク内でダッフィーのぬいぐるみを抱いて歩いているゲストを見ますが、男の自分にはなかなか出来る事じゃないので(笑)
ちょっと羨ましいです…。

Img_9996

07/11/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

イン日記1/6

1月6日の日曜にシーに行ってきました。

ホリ蔵のシー日記」管理人のホリさんと、ホリさんのお友達のお二人の、計4人ということで、シーで1人インじゃないのは初めてだったので、すごく楽しみに舞浜に向かいます。

待ち合わせ時間は午後1時過ぎということで、まずは開園と同時にアクアスフィア前で「ディズニーシー・マリタイムバンド」の演奏を楽しみます。入園したゲストは、いっせいにミラコスタ通りを目指して一直線!って感じなんですが、ファストパスを取りに行くよりもアトモスフィアの演奏シーンに遭遇する方が貴重な気がしてきた今日この頃です。
Img_1849

10時ちょっと前くらいまではディズニーシー・プラザでひたすらキャラグリ。
一緒に写真を撮ってもらうのも好きなんですが、キャラクターとゲストの会話(?)を見てても飽きなくて楽しいので(^^)
Img_1856
ミッキーが、ミート&スマイルの準備の為に帰る瞬間。

そして、ヴェネチアン・ゴンドラに乗ってミート&スマイルを裏から見つつ、その後2時間くらいは、メディテレーニアンハーバーのパラッツォ・カナルと、アメリカンウォーターフロントのブロードウェイで2時間散歩&写真撮影。

トランジットスチーマーラインでロストリーバーデルタに移動。ホリさん達との待ち合わせ時間までの時間調整として、シングルライダーを使って

1時間でレイジングスピリッツを8回連続乗りました!(笑)

レイジングの乗車時間は1分半くらい、シングルライダーなんで待ち時間ほぼ無しなんですが、降りてから大きく回り込んで乗り場に行くまでの歩く時間が結構かかっちゃうんです。

綺麗に晴れた日だったので、スタート直後の上がっていった先の景色がすごくいいんですよねー!

アラビアンコーストの裏側とランドの「イッツ・ア・スモールワールド」の間あたりの、オリエンタルランドの建物(パレードのフロートが入っていくあたり?)も一瞬見えてしまうので、なるべく見ないようにしましょう(笑)

ロストリバーデルタからポートディスカバリーまで徒歩で移動。
「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」でアメリカンウォーターフロントまで行き、ホリさん達と「タワー・オブ・テラー」前で合流しました。

タワテラのファストパスをとった後、「レジェンド・オブ・ミシカ」の時間まで、ホットワインを飲みつつ「オーバー・ザ・ウェイブ」を遠目に見ました。ホリさんとは意外な接点があって、同じパン屋(僕は3月に退職したので入れ替わりだったのですが)という事で色々と仕事の話もしたり。

日曜という事で、ある程度混んでいるのを覚悟していたのですが、センターやタワテラが15分待ちになる事があったりと、閑散期の始まりを感じさせる雰囲気…。

色々と連続でアトラクションに乗ったので、どんな順番だったか覚えていなかったのですが(笑) ホリさんが詳しく、分かりやすく書いて下さっているので、ぜひそちらを。タワテラやインディーで、4人でどんなポーズで写真を撮られるかを考えるのがスゴく楽しかった~。

いつもは1人で黙々とアトラクションに乗ったりショーをみたりだったんですが、シーの話題を楽しく共有できるのはやっぱり嬉しいですね。もし機会があれば、ブログ上で知り合った皆さんとシーに行ってみたい!と思った1日でした。

08/1/6

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ホットワイン

記念すべき、シーでの初アルコール(笑)は、ピア33 ボートマンズ・テラスでの

ホットワイン ¥600 でした。
Img_2061

あまり強い度数のアルコールに慣れていないので、最初はその匂いにとまどいましたが、ホットの方が意外に飲みやすかったですねー。

ワインに入っているのは、色からしてレモンだと思って気づかずに飲んでいたのですが、「ホリ蔵のシー日記」のホリさんによると、オレンジらしいです(^o^;

ちょっとした空き時間なんかには、体が温まっていいかも知れません。ただ、アルコール飲料のみは、その桟橋エリア外への持ち出しができないので、ショーなどの待ち時間には飲めないのが残念です…。

08/1/6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

パパダキス・フレッシュフルーツ

S.S.コロンビア号のドックサイドステージと、セイリングデイ・ブッフェの目の前にあるお店。

パパダキス・フレッシュフルーツ」
Img_1964

ギリシャからの移民であるパパダキス一家が、自分たちで栽培した果物を売っているお店です。

質素な木製のワゴンと小さな小屋。そして港で使われるコンテナをそのまま商品の陳列台として使っていますね。

Img_1965
フレッシュフルーツカップ ¥367
シューコロネ(ストロベリー) ¥300
その他フルーツや、ペットボトルドリンクなどを販売していました。

08/1/6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューコロネ(ストロベリー)

アメリカンウォーターフロントの、「パパダキス・フレッシュフルーツ」ほか、フードワゴンで販売している

シューコロネ(ストロベリー) ¥300 です。
Img_1966

12月25日まではマロンクリームだったらしいのですが、今の時期は甘さ控えめのストロベリークリームになってます。

Img_1967 Img_1968
チョコのコーティングにアーモンドクランチが香ばしい!

写真のように、少し厚めのシュー生地の中にたっぷりのストロベリークリームが詰まっていて、なかなか美味しいです。

ただ、アイスクリームのコーンを想像していただければ分かりやすいと思いますが、最後の方のシュー生地が細くなっていく部分はクリームが全然入っていないので、ちょっと拍子抜けかも(笑)

08/1/6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

クリスマス・ファンタジーで食べたもの

シーに比べてインの回数が少ないですが。

Img_0492 07/12/11
チョコレートスフレケーキ、スーベニアカップ付(マグタイプ) ¥480
(と、ミートパイ ¥300)

Img_0319_2 07/12/11
チョコレートスフレケーキ、スーベニアカップ付(ブーツ形) ¥500

Img_033107/12/11
塩キャラメルムース、スーベニアプレート付 ¥500

Img_054507/12/11
トロピカルチーズケーキ、スーベニアプレート付 ¥500

スーベニアカップとかプレートとかは、イベント限定だとつい集めてしまうんですよね~。

陶器製なんで、これだけの数を持って帰るのは気を使いました(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハーバーサイド・クリスマスで食べたもの

ア・ラ・カルトに続き、食べたものの同じ覚え書きメモです。

Img_0240 Img_0241_2 07/12/5
ランチケースセット ¥1850(ケースなしだと¥990)
(アメリカンウォーターフロント ニューヨーク・デリ)
鴨のスモークとターキーパストラミのグラハムサンド、フレンチフライポテト、ドリンクのセットです。1枚目の右下に写っているのは、ファンダフル・ディズニー会員限定メニューのスペシャルデザート(バナナケーキ&チョコレートムース)

Img_0041 07/11/13
ツインシュー、スーベニアプレート付 ¥600

Img_9903 07/11/13
ミルクムース、スーベニアカップ付(¥480)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ア・ラ・カルトで食べたもの

ア・ラ・カルトの最終日ということで、遅くなってでもと思い強引に行った初ディズニーシーの10月31日。

午後に着いたのですが、あまりにすいていたので、ついアトラクションにもたくさん乗ってしまい、あまりア・ラ・カルトらしさを楽しめなかったものの、食べたものの一部を挙げたいと思います。(忘れない為の、個人的メモともいいますが)
Img_9776
すべてのアトラクションが「15分以下」。実質待ち時間なしでしたので…。

Img_9716
アップルタルト、スーベニアプレート付 ¥600
(アラビアンコースト オープンセサミ)
リンゴは柔らかく、サクサクのパイ生地が美味しかったです。ただ、やっぱりパイ生地だけに皮がボロボロとはがれてくので、ちょっと食べにくいかも。

Img_9697 Img_9699
ランチボックスセット ¥1620

(マーメイドラグーン セバスチャンのカリプソキッチン)
そうえいば、紙コップもア・ラ・カルト柄ですね

ア・ラ・カルトメニューではないですが、
Img_9747
うきわまん ¥300
(ポートディスカバリー シーサイドスナック)

Img_9777
パンナコッタ ¥294
(マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー)

味は…時間が経っていてうろ覚えなので、おおまかな紹介のみということで(^^)

07/10/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

センター・オブ・ジ・アースの待ち時間

1月2日の、夜9時半過ぎのセンター・オブ・ジ・アースのスタンバイ待ち時間です。
Img_1843

777分。

約13時間です。この時間の21時半から並べば、翌日10時半には乗れることになりますね(笑) カウントダウンで営業していたとしても、ちょっときつすぎます(^o^;

キャストの方のユーモアでしょうか?
こんな表示を見たのは初めてだったので、つい写真を撮ってしまいました~

08/1/2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

ブラックペッパーポークリブ

メディテレーニアンハーバーのエクスプローラーズ・ランディング。火山とフォートレス・エクスプロレーションに挟まれたような所にあるショップ、リフレスコスで売っている

「ブラックペッパーポークリブ¥380」を紹介します。
Img_1742
夜で実物の写真がとれなかったので、レジ前のガラスケース内の見本を撮りました。

ブラックペッパーを使ったシンプルな味付けながら、肉の旨みが十分に感じられるオススメのメニューです。骨付きですが、食べやすくカットされています。が、食べ歩くにはちょっと持ちづらかったりして手に油がついたりするので、ベンチに座ってゆっくり景色を楽しみながら、なんて感じがいいかも。

やっぱり熱いものを豪快にかぶりつくのが一番美味しい食べ方だと思いますが、肉のジューシー感は少しなくなってしまいますが、冷めてしまっても全然美味しく食べれました。

結構並んでいることが多いので、空いているときを見つけたら早めに買って食べておいた方がいいかも知れません。

08/1/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーバー・ザ・ウェイブ

S.S.コロンビア号の2階、「テディ・ルーズベルト・ラウンジ」前のCデッキ通路の窓からオーバー・ザ・ウェイブを見ました。

窓ガラスがあり音楽や音声があまり聞こえないのですが、セット裏でのダンサーさんの動きがよく分かるので、実は意外に面白いです。この日みたいに(07/1/2)すごく寒い日でも、船内なんで冷たい風も防げますしね!それに、良い座席で見ようとすると1時間前からの場所取りが必要ですが、ここでは直前でもオーケーなんで、気軽に見れます。

そして発見したのですが、キャラクターやダンサーさん達が舞台裏で待機している時に手を振ってくれたりするんです!

暗くなってからの回だったので、光量が足りず感度を上げて撮影したりしたのでノイズが多く、綺麗な写真は撮れなかったのですが…。Photoshopで明るさやコントラストを調整した写真を紹介します。

Img_1688_2
オープニングのシーン終了後、二人でこちらを見てくれた、トニオ、マリア兄妹役の2人。このあと、この2人とジェスチャーで会話してしまいました(笑)

Img_1695_3
ショーの合間、裏に入った一瞬ですが、ミニーの方から気づいて手を振ってくれました!!!(^^) ミニーファンとしては、なんだか独り占めした気分で嬉しくなる瞬間。

Img_1710_2 Img_1714_2
ラストシーンに向けてボートに乗り込む時と、そのラストシーンでボートに乗ってあがっていくミッキーとミニー。本当に目の前!

何気なく初めてS.S.コロンビア号に乗って、偶然見かけたオーバー・ザ・ウェイブでしたが、新しい楽しみ方を見つけた瞬間でした。予定を変えて続けて次のラストの回も裏から見てしまいましたし(^^)

08/1/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーズケーキ・チミチャンガ

ケーキ好きな僕ですが、特にチーズケーキはレア、ベイクドともに一番好きな種類です。

そこで気になって買ってみたのが、この

チーズケーキ・チミチャンガ¥300
Img_1538

チミチャンガとは何ぞや?と思って帰ってから調べたのですが、メキシコ料理で、トルティーヤを巻いて油で揚げたものらしいです。

すごく寒かったので、熱々のこのチミチャンガはとても美味しく食べられました。

春巻きの様な見た目で、サクサクでパイ生地みたいな食感です。油で揚げたものなので、相性はどうだろうと思ったのですが、ふんわりとしたチーズケーキとも違和感なく、かかっている甘酸っぱいストロベリーソースがちょうど良い感じでした。
Img_1541

08/1/2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

センター・オブ・ジ・アース

入り口を入ってファストパスの通路の途中。「VULCANIA」と書かれた地図がありました。
Img_1402

右の方には「TOPOGRAPHICAL PLAN of VULCANIA」と記載されているので、火山内の地形図作成の計画でしょうか?

地図には「LAKE OF FIRE」、「WHISPERING GALLERY」(辞書では、ささやきでも遠くまで伝わるようにできている回廊)、「PUMICE FALLS」(落石?)などと書かれていました。

ネモ船長の地底調査の大変さを感じさせる資料ですね。

08/1/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グロットグッディーズ

マーメイドラグーンの、アバブ・ザ・シー。地上の浜辺エリアの、「アリエルのグリーティンググロット」近くにあるショップ「グロットグッディーズ」です。
Img_1296

屋根は貝殻、その中にある真珠が照明になっています。普段はあまり気にかけず素通りしてしまうような所にありますが、あらためて見るとすごく可愛らしいデザインですよね。

扱っているメニューは「リトル・マドレーヌ」の1種類のみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年初のイン

1/1~1/5「レジェンド・オブ・ミシカが始まる30分前からミッキーたちが新年のご挨拶にくる」というものがディズニーリゾート公式ページで去年から楽しみにしていたので、和服姿のミッキーを見に、2日にシーに行ってきました。
Img_1425
ミート&スマイルで使っている船でやってきました。10分くらいの、船からおりずに港内をまわる短いグリーティングでした。

その日は朝に仕事があったのと、新宿に用事があった為、シーのエントランスに着いたのは9時10分。その時点で周りを見て、嫌な予感はしていたのですが…。

「やっぱり朝はリドアイルのミート&スマイルを見てからシーの1日を始めよう!」とか思ってリドアイルにすぐに向かったのですが、すでにかなりの人で埋まっていて、これは無理かなと即決。

そういえば、いつもは配布日が多かったとはいえ、閑散日だったり平日ばかりだったので、こんなに混んでいる日は初体験だったのです。まぁ、そんな日もあるかなと思いつつタワー・オブ・テラーのファストパスをとっておこうかなとアメリカンウォーターフロントに歩いていくと、これまたすごい事に。

どこまで歩けばいいのかな?と思いつつ列の最後尾を探していきます。S.S.コロンビア号の横を通り、ハドソンリバーブリッジを渡り…ケープコッドに突入。

トランジットスチーマーラインの乗り場も過ぎ…着いたのはタウンホール前。ケープコッドステップアウトやリトルクリスマスストーリーのステージ前あたりです。噂には聞いていましたが、実際にケープコッドまで列が延びているのを目にすると、さすがに言葉を失います(笑)

ということで、その日はキャラクターグリーティングめぐりからスタート!パーク内を1周して色んなキャラクター達の写真をとった後、パラッツォ・カナルで風景写真を撮ったり。そして、ミート&スマイル2回目のピッツァ・トポリーノで最前列を確保。いつもなら1時間前でも余裕なんですが、今回は1時間半前でギリギリでした。

ミースマの待ち時間。となりに座っていた、赤ちゃんと小さいお子さん2人が一緒の家族連れのご夫婦と仲良くなり、色々と楽しくお話しする事が出来ました。シーは2回目らしく、お勧めのレストランはありますか?というような事を聞かれたり。短い時間でしたが、こんなパーク内での出会いも素敵ですよね!

その後は、キャラグリ → パーク内の撮影 → BBB → センター・オブ・ジ・アース(ファストパス使用) → ミシカ → レイジング(60待ちのところ、シングルライダーで5分待ち) → トランジットスチーマーラインでシー1周 → 夕暮れのケープコッドを撮影 → オーバー・ザ・ウェイブのラスト2回を見る(S.S.コロンビア号内から) → ブラヴィッシーモ! → シンドバッド(待ち時間なし) → センター・オブ・ジ・アース(ファストパス使用)

という流れでした。風の影響でブラヴィッシーモ!は内容変更だったので、花火はないかと思い込んでカメラと三脚をしまい始めていたのですが「ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ、まもなく始まります」と案内が流れていたときには「やるのかよ!」と、つい独り言で声に出して突っ込んでしまいました(笑)

フォートレス・エクスプロレーションでブラヴィッシーモ!を待っていた時間、あまりにも寒くて空を見上げたら、すごく星が綺麗だったので、星空好きとしてはつい、たくさん撮ってしまいました。
Img_1732 見やすいようにコントラストをあげてみたのですが、どうでしょうか?

昔から風景写真が好きで、デジカメを買ってからは結構な枚数を撮りまくっています。シーに行きはじめてからは、ハードディスクの容量を圧迫する日々なのですが、やっぱり夜景を綺麗に撮るのは難しいですねー。下の写真が今回のブラヴィッシーモ!の写真です。ちょっと遠いですが。
Img_1766 写真のうでは、まだまだです。

シャッタースピードと、パイロのタイミングを間違えると、下のようになります。
Img_1772
ベリッシーとプロメテオが全然見えません。なんだか、メディテレーニアンハーバーが、ものすごい爆発してるみたいです(笑)

撮りためた写真がいっぱいあるので、これからはその写真も紹介していければと思っています。ちなみに、今回撮った写真は545枚でした。

08/1/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

ディズニー・ハロウィーン ガイドツアー

07年9月19日にランドに行って初めて体験したディズニー・ハロウィーン。
Img_9459

「ホーンテッド・ロッキン・ストリートがすごく盛り上がる」との書きこみをネットで見るたびに参加したい衝動にかられていたのですが、参加は抽選で、しかもなかなか当たらないかもとの事。年パスをもっていない僕にとって、時々しか行けないのに抽選にはずれるのは精神的にきつい!

そこでこのガイドツアー、レッツ・エンジョイ・スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」バージョンを見つけました。

これは、土日なんかには開場後10分くらいでいっぱいになってしまう 人気のものらしいのです。 10人前後のグループで、パーク内のハロウィンのいろいろな知識をキャストさんに教えてもらいつつ、ホーンテッドマンションがファストパス扱いで 乗れて、夜の「ホーンテッド・ロッキン・ストリート」のパレード参加券or中央鑑賞エリア券が 抽選なしでもらえるという特典付き。 確実に参加する為にはこれが一番!

という事で、10月15日。始発電車に乗り、舞浜には5時50分頃に到着。

この時間に来たのは初めてなので、どこに並ぶんだろうと、 人の流れについていったら、従業員用のゲートに迷い込んでしまったハプニングはあったものの…なんとか先頭から12人目で並べました。 手荷物チェックを終えると、ゲートへ一直線。もちろんガイドツアーのカウンターに一番近いゲートに陣取り、そこでは先頭から2番目。これで一安心。

8時開場で、まずはハロウィーンガイドツアーの申し込み。
平日とは思えない入場者数。予想通り、ものすごい数の人がカウンターのある建物に殺到しますが、なんとか申し込み完了。

見たいショーやパレードの時間を考えて13時45分の回を選びます。

パーク内のハロウィーンのデコレーションを見学しつつ、ハロウィーンの歴史や隠れミッキー、豆知識などの解説を聞きます。その際、配布されたカボチャ型の帽子と手提げバッグを持って歩くのですが、

これが、異常なほど目立つのですよ!!!
Img_9460

最初は結構恥ずかしがっているのですが、参加者の皆さんで和んでくるとあまり気にならなくなってきますよ(笑)

周りのゲストの方はもちろん、ウエスタンリバー鉄道やマークトウェイン号に乗っているゲストからも手を振ってくれる確率が格段に上がります(^^)

パーク内を歩く目的は他にもあって、ホーンテッドマンションの中にある様々なシーンが描かれたタロットの様なカードを7枚集めてホーンテッドマンションに向かうというもの。

これは、色々な所でキャストさんとサプライズ的に出会い、クイズだったりトークをしていく事でカードを受け取ります。キャストさんのトークと、ゲストに皆さんのノリの良さが盛り上がりを左右するので、ツアーによってはかなり当たり外れがあるかもしれませんねぇー。

あと、記念撮影もあって、希望者にはキャラクターの写真と台紙がセットになったものの販売もありました。僕もせっかくなので購入したのですが、1人だと悲しいので、キャストの人にお願いして一緒に撮らせていただきました。

手持ちのパスポートで、中央エリア鑑賞券が外れたので、ガイドツアー特典の方はパレード参加券を選びました。これが予想以上に楽しく、まさに「年パスもっていれば!」と感じるイベントでした。さすがに、「クリスマス、またはそれ以上の混み具合」といわれるだけありますね!

07/10/15

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガジェットのゴーコースター

トゥーンタウンに初めて訪れた2007年10月15日

最初に向かったのは、この
「ガジェットのゴーコースター」

1989年の「チップとデールの大作戦」で登場、レスキューレンジャー紅一点の天才発明家の女の子ネズミがガジェットです。とは言いつつも、まだ見たことがないので、アトラクションをより楽しむためには早く見ないと…

待ち時間にも、周りにはガジェットが発明、リサイクルによって作られたたくさんの物を発見することが出来るので全然飽きません。

コースターの方は、子供向けと思いきや意外にも楽しい!
最高時速35.3Kmと、3大マウンテンに比べると全然遅いですが、かなり小回りなコースなのと、どんぐり型のコースターがとても小さく体感スピードとしてはもうちょっと速く感じます。
Img_9444

僕としては、長時間待って乗ることはあまりないとは思いますが、すいていれば何度も乗りたいアトラクションです。

スタンバイ列の真上にコースが設置されているので、乗っている状態を待っている人にかなり見られる乗り物でもあります(笑)

あ、あと、コースーターが小さいという事で横に2人がけの座席ではかなり密着しそうという事で、カップルにもオススメかな。(そんな相手いませんが)

ちなみに、上記の2点を書いたのは、僕が

  • 案内されたのは、コースターの一番先頭
  • 1人インだったので、一番前に1人
  • 並んでいたとき、前後がカップル

とてつもなく目立ちました(笑)

という理由からです!

07/10/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リトル・マドレーヌ

リトル・マドレーヌ(スーベニアグラス付) ¥540
Img_1049 白のピックもミッキーです。

マーメイドラグーンの、「アリエルのグリーティンググロット」近くにあるフードワゴン「グロットグッディーズ」で販売しているリトル・マドレーヌを紹介します。

やっぱり「リトル・マーメイド」とひっかけたのでしょうか(笑)

名前のとおり、小さなマドレーヌが持ち帰り可能のスーベニアグラスに入っていて、味は(確か…)プレーン、ストロベリー、チョコ、バナナだったと思います。無難に美味しいですよ。特にチョコがお気に入りです。

マドレーヌはフランス発祥の焼き菓子で、僕の好きなお菓子のひとつでして…。シェル型を使って作られることが多いもので、この「リトル・マドレーヌ」も貝殻型です。

そういう点から見ても、リトルマーメイドの世界観とぴったりですよね。

グラスの方は、アリエル、フランダー、セバスチャンなどのキャラクターと「MERMAID LAGOON」という文字がデザインされた取っ手なしのタイプ。

グラスなしの、マドレーヌのみだと320円です。

07/12/29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒーミルクソースのバニラムース

12/26~1/5販売の、年末年始限定メニュー
コーヒーミルクソースのバニラムースです。
Img_0865 スーベニアカップ付きで¥480です。

甘いバニラムースとその食感に、コーヒーの香りと味が良く合います。が、もうちょっとコーヒーのほろ苦さがあっても良かったような気もします。

ちなみに最初の一口めの感想は、一番上のクリームの上にマロングラッセ?の様なものがのっていたので、「なんだかモンブランっぽい」感じが。
Img_0866

スーベニアカップの方は
「謹賀新ねん二〇〇八」と書かれた、お正月感いっぱいのミッキーとミニーなどがデザインされています。

07/12/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリーブッフェ

アラビアンコーストの「カスバ・フードコート」で、11/1~12/30まで実施されていたカリーブッフェに行ってきました。

17:00~20:00の営業なんですが、17:00ちょうどにお店の前に着いたときにはすでに1時間待ちと言われました。

1人インして「レストランで1時間待ち」は以前なら間違いなく諦めてたとこですが、年パスを持っているという精神的余裕からか(笑)、なんの躊躇いもなくのんびり長蛇の列へ。アトラクションなら、表示されているスタンバイの時間より実際は短い待ち時間で済むのですが、ここではほぼぴったり1時間。

かなりの空腹の状態で、カレーを目の前に1時間待たされると、かなり辛いものが…(´。`)

大人    ¥2300
7~12歳 ¥1400
4~6歳  ¥1000

時間制限はありません(^^)
まぁ、それがお客さんの回転があまり良くない理由なんですが…僕としては、長時間使ってたくさん食べるのでそちらの方が嬉しいですけどね~!

ブッフェの内容は
Img_1193

  • ナン(プレーン)
  • ライス
  • チキンカリー(辛口)
  • シュリンプ・グリーンカリー(辛口)
  • ベジタブルカリー(中辛)
  • ビーフカリー(中辛)
  • キーマカリー(中辛)
  • ミートボールカリー(甘口)
  • ソーセージカリー(お子様向け)
  • ホタテフライ
  • エビフリッター
  • チキンケバブ
  • タンドリーチキン
  • その他トッピング用
  • サラダ - ドレッシング(フレンチ/ヨーグルト)
  • ドリンク - ラッシー/アイスウーロン茶/オレンジ/
           フレーバーティー数種/ホットコーヒー等
  • マンゴープリン
  • タピオカ入りプリン
  • ブルーゼリーフルーツポンチ
  • コーヒーゼリー、ココナッツミルク
  • (クリームをサンドしたシュー?)
  • (クリームとあずきがのった抹茶ムース?)

どれもかなり本格的なカレーで、一般的なカリーブッフェのお店と比べても遜色ないレベルの味と種類だと思います。

味のレポートは、ホリ蔵さんの「ホリ蔵のシー日記」、去年2月の記事に詳しいレポートが載っているので是非!!!

ライスとナン、どちらも同じくらいの人気ですが、一度に出せる量の違いからか、ナンの減りがやたらと早かったです。1回なくなってしまうと、次に焼きあがるまで時間がかかってしまうようで、ナンがない時間帯がかなりあったのが、少し気になる点かな?
Img_1194

上に挙げた2つの辛口カリーは、辛いものが平気な僕でも、ちょっと大変でした。

ジワジワと後になっても残る辛さで、どちらもココット皿1つ分しか食べられませんでした。ブッフェとはいえ、色んな味を楽しみたいときはこの2種類は少しだけにするといいかも知れません…。舌への影響がかなりのものです(⌒-⌒;

さらさらのグリーンカリーはやっぱり独特のクセがあるので好みが分かれるところですが、7種類どれも美味しかったです。特徴的なカレーもあれば、ビーフカリーやベジタブルカリーのようにオーソドックスなカレーもあるので安心して迷うことが出来ますよー。

「お子様向け」と書いてあったソーセージカリーやミートボールカリーもちょうどいい甘さで、大人が食べても全然違和感無かったですし。
Img_1199 ソーセージカリー

問題は、カリーも飲み物もデザートも充実しすぎていて、お皿にとる分量を間違えてしまうと、すぐにお腹いっぱいになってしまい全種類制覇が出来なくなってしまう点でしょうか?(笑)

デザートとか、甘いものも好きなんですが今回はほとんど食べられず…
Img_1226 ブルーゼリーフルーツポンチ

ちなみに僕は、

ナン 10枚
ライス 1枚
カリー ココット皿12個分
チキンケバブ 3本
タンドリーチキン 3個
ホタテフライ 3個
エビフリッター 3個
マンゴープリン 2人分くらい
タピオカ入りプリン 2人分くらい
ブルーゼリーフルーツポンチ 1人分くらい
コーヒーゼリー、ココナッツミルク 1人分くらい
クリーム入りシュー 1個
ラッシー5杯

でした。
2300円分のもとは取れたでしょうか?(笑)

普段の食事も、結構量を食べる時が多いので、ブッフェスタイルのレストランは貴重です。

シーでは、あとはアメリカンウォーターフロントの「セイリングデイ・ブッフェ」

ランドでは、アドベンチャーランドの「クリスタルパレス・レストラン」

それ以外では、ディズニーアンバサダーホテルの「シェフ・ミッキー」

特にシェフミの方は、
「食べ放題好き+キャラクターグリーティング好き」な僕としてはすごく行ってみたいのですが、こちらはまだ1人では行く勇気がありませんが(笑)

07/12/29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »